bouken_pages_top.jpg

シェフ その後のストーリー -息子編-

今回は、個人的に何度も移動上映をしたことがある

グルメ映画のマスターピース!

『シェフ  三ツ星フードトラック始めました』に、もし続編があったら!

という“妄想コラム”になります。

しばし、どうぞお付き合いください。

観たことがない方のために、まずは本家の内容の紹介から。

* * *

「一流レストランの料理人カール・キャスパーは、

うるさいオーナーや自分の料理を酷評する評論家とケンカして店を辞めてしまう。

 

心配する元妻イネスの提案で、息子パーシーを連れて

故郷のマイアミを訪れたカールは、

そこで食べたキューバサンドイッチの美味しさに驚き、

フードトラックでサンドイッチの移動販売をすることを思いつく。」

 

マイアミからニューオリンズ、ロサンゼルスへと旅を続けながら、

本当に大切なものを見つけていくという、

アメリカ横断ロードムービーとなっています。

***

 

監督・主演は、『アイアンマン』『カウボーイ & エイリアン』のジョン・ファヴロー。

彼はメジャー作品をいくつも手掛けながら、

一方で、上層部との軋轢に悩まされ続けていたそう。

 

そこでもう一度、自らのクリエイティビティを

爆発させるべく、監督生命を賭けて本作を作ったのです。

(その目線で観ると100倍感動できます。自己解放のための1作)

そんなジョン・ファヴローが、もし続編を作ったら…

『シェフ PartⅡ 息子もフードトラック始めました』

監督:ジョン・ファヴロー

出演:エムジェイ・アンソニー、ジョン・レグイザモ、ジョン・ファヴロー

<物語>

あの旅から10年。

当時10歳だったキャスパーの息子パーシー(エムジェイ・アンソニー)も

いまや成人となり、穏やかな大学生活を送っている。

現在は、飲食店でアルバイトをしながら、

得意とするSNSを使ったオンラインサービスの会社を起業すべく準備中。

でも実際のところ、本当にその道でいいのか悩んでもいる。

そんな折、父のフードトラックで助手を勤めていた

マーティン(ジョン・レグイザモ)と再会し、意気投合。

パーシーは、自らの人生に大きな影響を与えた

“あの旅”を、自分なりに再現してみようと思い付く。

父親には相談せずに。

クラウドファンディングで集まったお金で、

フードトラックを購入。勝負の一品は、

キューバの伝統的スープ“Ajiaco(アヒアコ)”をアレンジしたもの。

助手はもちろんマーティン。

パーシーの未来に向かった旅が、いま始まる。

 

ああ、書いててワクワクしてきました!

ということでさわのさん、今回は"Ajiaco(アヒアコ)"をアレンジしたスープをお願いいたします。

 

(文・Kino Iglu 有坂 塁)

bouken_banner_sawano.jpg