ひんや〜り食欲そそる
初夏のスパイシー“茄子ープ”

​な す

今月から新連載がスタート!

人モテ料理研究家のダイちゃんが、おモテなしするための、とっておきスープレシピを考案。

さらに、スープの残った材料を使って、

スープにぴったりなおかずレシピもお届け。

毎月2回にわたり、ダイちゃんさんの

おモテなしが楽しめます♪

今回は、旬のなすを使ったスープレシピをご紹介。

スパイス香る冷製スープで、美味しく夏を乗り切ろう!

soupn_july_daichan - 19.jpeg

<材料>(約2人分)

・なす 2本

・玉ねぎ 1/2個

・コンソメキューブ 1個

・水 300ml

・氷 4個

・ディル 1本

・ターメリック、チリペッパー、コリアンダー 各小さじ1/2

・オリーブオイル 大さじ2

・クミン 小さじ1/2

・塩 ひとつまみ

<下準備>

・玉ねぎは細かく刻んでおく。

soupn_july_daichan - 6.jpeg

・なすのガクのつけ根を包丁で一周してガクを取り除き、

皮にフォークで数カ所穴をあける。

soupn_july_daichan - 1.jpeg

<作り方>

①天板にクッキングシートを敷いてなすをのせ、余熱した200度のオーブンで

なすの皮にしわがよるまで12分ほど焼く。

芯に火を入れるため上下を返して12分ほど焼いて取り出す(両面24分)。

②熱いうちにラップで包み5分ほどおいて蒸らしたら、

皮と身の間をピックやつまようじなどで差し入れて皮を剥く。

soupn_july_daichan - 13.jpeg

​☞ポイント①

★なすを焼いたあと、熱いうちにラップで蒸らすことで皮が剥きやすくなる。

soupn_july_daichan - 11.jpeg

③フライパンにオリーブオイルを入れ、クミンを20秒ほど炒める。

④そのオリーブオイルで玉ねぎを飴色になるまで炒める。

途中、水と塩少々を加えてさらに炒め、水分をとばす。

soupn_july_daichan - 42.jpeg

​☞ポイント②

★玉ねぎは、しっかり色のほうが

コクがあるスープに仕上がる。

炒め具合は、お好みで調整してください。

soupn_july_daichan - 9.jpeg

 

⑤お湯にコンソメを溶かし、氷で冷やす。

soupn_july_daichan - 10.jpeg

⑥ ⑤に④と粗熱をとった焼きなすを入れて、スパイス

(ターメリック チリペッパー コリアンダー)をかけて完成。

plus1.png

<材料>(約2人分)

・タイ香り米 1合

・ジャスミン茶ティーバッグ 1袋

・水 200ml

④5分ほど蒸らして完成。

soupn_july_daichan - 29.jpeg
maru.png

ジャスミンライスに「初夏のスパイシー“茄子ープ”」

をかければ「インディアン冷や汁」のできあがり♪

さらに、おモテなし感UP!

<作り方>

①香り米を1合フライパンに入れる。

②200mlの熱湯を沸かし、

ティーバッグに注いでジャスミン茶を作る。

③フライパンの米にお茶を注ぎ、強火で加熱してふつふつと

泡がたったら蓋をして12分弱火で炊く。

soupn_july_daichan - 23.jpeg

インディアン冷や汁

僕の“スパイス”エピソード

はじめまして。今月からsoupn.で連載を担当させていただくことになった、

人モテ料理研究家のダイちゃんと申します。

僕は4年前から会社員とカメラマンを兼業しつつ、

料理はまったくやらない生活を送っていました。

それがひょんなきっかけで料理の虜になり(この話はこちらを見ていただければ)、

こうして料理研究家として連載やテレビのお仕事をいただけるまでになりました。

人生なにが起こるかわからない!刺激的!スパイシー!

(急にテンション高いな笑)

さて、そんな僕の「スパイス」最初の思い出は、

小学校の時食べたモスバーガーの「スパイシーチリドッグ」でしょうか。

ジューシーなソーセージにピリ辛のチリソース、

そしてそこにライドンした輪切りのチリペッパー。

辛いのに美味い!の人生初体験がこれでした。

つまり僕のスパイス第一印象は「辛い」!

(でもこれ「スパイシー」の第一印象で、「スパイス」ではなくない?カタカナ英語の難しさよ!)

それ以降特にスパイスを意識することなく、さほど人生にスパイスもなく(!?)

生きていた僕がスパイスを意識したのは、Mr.Childrenの「HERO」の歌詞でした。

2番のサビ

「人生をフルコースで深く味わうための

 いくつものスパイスが誰もに用意されていて」

という歌詞が、僕が人生で「スパイス」を

強く意識した2回目の機会でした。

当時は20歳かそこらだったので、

「苦かったり渋く思うことよりも、甘美なデザートみたいな体験だけでいいよ…」

などと野暮なことを思ってましたが、

あれから20年近く経って今思うのは

「スパイス、大事だわ、盛りすぎると辛(つら)いけど」ということ。

初体験はあくまで「スパイシー」、2回目は「歌詞の比喩」。

ほんまもんのスパイスはいつ出てくんねん!

 

気になるエピソードの続きは、次回レシピ公開時にお届け。

このスープでダイちゃんがおモテなししたい友人とは…?

(文・ダイちゃん)

NEXT

次回は「初夏のスパイシー“茄子ープ”」の残った材料を使い、おかずを一品作ります。

おモテなしのオンパレード!

7月21日(水) のアップをお楽しみに♪