セロリを味わう
エスニックなすみそ炒め

人モテ料理研究家のダイちゃんによる、

おモテなしするための、とっておきレシピ。

今回は、「初夏のスパイシー“茄子ープ”」で余った材料を使って作る、

おかずレシピをご紹介します。

<材料>(約2人分)

・なす 1/2本

・セロリ 1/4本

・鶏ひき肉 200g

・みそ 大さじ1

・みりん 小さじ1

・ハリッサ 小さじ½

・ブラックペッパー 少々

・オリーブオイル 大さじ2

<下準備>

・なす、セロリを細かく刻む。

・みそ、みりん、ハリッサを混ぜ合わせておく。

soupn_july_daichan - 30.jpeg

<作り方>

①フライパンにオリーブオイルをひいて強火で熱し、

温まったら鶏ひき肉を入れて細かくする。

soupn_july_daichan - 32.jpeg

​☞ポイント

★なすとセロリは食感を楽しむため、細かくしすぎないようにする。

soupn_july_daichan - 33(画質悪 r使わないかも).jpeg

②刻んだなす、セロリを入れる。

③混ぜ合わせておいたみそ、みりん、ハリッサを入れて炒める。

最後にブラックペッパーをかけて完成。

soupn_july_daichan - 34.jpeg

インディアン冷や汁」と一緒に食べると、さらにうれしいおモテなしに♪

僕の“スパイス”エピソード後編

では、ほんまもんのスパイスの話を!

その意味では、これもまたベタですが、料理をするようになってから

東京カリ〜番長でお馴染みの

水野仁輔さんの本を読んでカレーを作ったことが

“料理におけるスパイスを強く意識した”きっかけです。

書籍「いちばんおいしい家カレーをつくる」に掲載されていた「ファイナルカレー」を作るのに、

基本のスパイス(コリアンダー・ターメリック・クミン・チリペッパー)をスーパーで買った記憶。

今回のレシピもこの基本の組み合わせに、インスパイアを受けました。

もしこの料理で友人をモテなすなら・・・

 

お互いに酸いも甘いも噛み締めた「スパイスの苦味とありがたみ」について、

人生身を持って知っている友人と、

シングルモルトでも傾けながら、

昔話を肴に呑みながらつまみたいなと思います。

「スパイス使いはおてのもの!」というほどにはまだまだマスターできていないこの頃ですが、

友人にスパイス使いの天才や、

スパイスの伝道師がいるのでコツコツ学んでいるところです。

 

ぜひ、おもてなしの一品に作ってみてください!

(文・ダイちゃん)