やっぱり夏はビール!
手羽元の塩麹ホワイトエール煮込みスープ

今回は、ビールを使った驚きのスープレシピをお届け♪
ビールは飲むだけでなく、煮込みスープにもぴったりなのはご存知でしたか?

8.jpeg

スープの風味が増し、さらにビールの酵母が

肉をやわらかくしてくれるので、実は万能なお酒なんです!

もちろんアルコールに弱い方でも、安心していただけるので

ぜひチャレンジしてみてください。

<材料>(約2人分)

・鶏手羽元 4本

・赤パプリカ 1/4個

・黄パプリカ 1/4個

・キャベツ 1/4玉

・白ビール 200ml 

・ハリッサ 小さじ1

・にんにくチューブ 小さじ1

・オリーブオイル 大さじ1

・塩麹 大さじ1

・ブラックペッパー ひとつまみ

<下準備>

・パプリカはへたをとって、0.5mm幅に細切りする。

・キャベツは大きめに切り分ける。

<作り方>

①鍋にオリーブオイルをひき、熱して香りが立ったら鶏手羽元、にんにくチューブ、ハリッサ、塩麹を入れる。

中火で鶏手羽元にほんのり色がつくまで炒める。

1.jpeg

​☞ポイント②

★①の際、鶏手羽元は焦げ目がつけなくてもOK。

2.jpg

 

②パプリカを加えて2分程炒める。

 

③キャベツをのせて、軽く押しつける。

 

④白ビールを注ぎ、蓋をして弱めの強火で煮込む。

蓋から蒸気が漏れたら、弱火に落として20分程度煮込む。

6.jpeg

​☞ポイント①

★キャベツは1/4玉を半分にすると、

見た目もボリューミーに!

3.jpeg

この程度の色を目安に

 

⑤うつわに盛り付け、ブラックペッパーを振って完成。

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。

 

暑いですね。あっちぃです・・・夏真っ只中!

ぐいっとやりたいですよね。アレを。

カチンカチンに冷えたジョッキで!ひといきに!

 

くっくぅあ〜〜〜〜(伝わりますか?)

 

ということで、今回はビールのお話。

初めてビールがちゃんと美味しいと思ったのは、ちょっと遅咲きでした。

それは大阪の大学時代、

駅前のアメリカンダイナーのミラースペシャルで。

最初に美味しいと思ったビールは、コテコテのアメリカンスタイルでした。

カレーソースがのったフライドポテトに、ワンコインで食べられる具沢山のバターライス

(あぁ、思い出しただけでお腹が鳴る…)。

ビールがグイグイ進む、それはそれは美味しい料理でした。

ビール大好きだから、こんな記憶が山ほどあるはず!

だから引き出しを全開したらドバドバ溢れてくるだろう…

と思ったら、意外となかったりするんですよね(笑)

というのも、ビール好きにとって“染み渡る乾杯の一杯”は

いつも珠玉で、だけれど同時に数多ある乾杯の記憶に埋もれていくものだから。

“あのときのあの一杯”と明確に覚えているビールって、意外と少ない。

 

あっ!あるじゃない!最高に“染み渡る乾杯の一杯”が。

NEXT

次回は「手羽元の塩麹ホワイトエール煮込みスープ」の余った材料を使って、

おかずを作ります!美味しいおまけコーナーもお見逃しなく。

おモテなしが止まりません!

8月25日(水) のアップもご期待ください。

気になるエピソードの続きは、次回レシピ公開時にお届け。

​ダイちゃんの“染み渡る乾杯の一杯”に共感です!お楽しみに♪

 

僕の“ビール”エピソード前編