シャキシャキ美味しい
スパイスハリキャベ

今回は「手羽元の塩麹ホワイトエール煮込みスープ」の

余った材料を使って作るおかずと、

美味しいおまけレシピをお届け。

7月にご紹介した「初夏のスパイシー“茄子ープ”

エスニックなすみそ炒め」の余ったスパイスなども大活躍♪

13.jpeg

<材料>(約2人分)

・キャベツ 1/8個

・ハリッサ 小さじ1

・クミン ひとつまみ

・オリーブオイル 小さじ1

<下準備>

・キャベツは太めの千切りにしておく。

<作り方>

①ボウルにキャベツ、クミン、ハリッサを入れて混ぜ合わせる。

10.jpeg

​☞ポイント

★②の際、キャベツの食感を残したい方はサッと炒めるだけでOK!

11.jpeg

 

②フライパンを熱してオリーブオイルをひき、強火でキャベツを炒め、うつわに盛り付けて完成。

plus1.png

<材料>(約2人分)

・食パン 2枚

・​スパイスハリキャベ お好みの量

12.jpeg
maru.png

手羽元の塩麹ホワイトエール煮込みスープ」を

トーストにちょいづけしながら食べても美味しい。

スープがさらに楽しくなる、

おつまみトーストでおモテなしを♪

<作り方>

①トースターでパンを焼き、「スパイスハリキャベ」をのせるだけ!

スパイスハリキャベトースト

僕の“ビール”エピソード後編

鮮明に覚えている最高に“染み渡る乾杯の一杯”!

それは…初めての夏フェスで呑んだ生ビール。

 

初めての場所!初めて聴く音楽!初めての空気感!灼熱の太陽!!

 

プラスチックのカップに注がれた生ビールを

一気に流し込むあの瞬間は今でも鮮明に覚えています。

 

飲んだ季節、場所、一緒にいた人、その時乗り越えた困難や、思い出。

喉の乾きを潤すだけ潤して、

軽やかに通り抜けていくビールの味。

 

そうやって人生を重ねてきた味が、

今回のレシピにもきっと染み出ているのかな…と思ったり

(それはそれでちょっと重い?)。

コラム.jpg

アルバムから引っ張り出した2008年の写真。

キャンプをしながら飲んだ記憶。

ボケボケ、ブレブレなのがフェスの恍惚感を

絶妙に表現してくれてるようにも思える。

もしこの料理で友人をモテなすなら…

 

そうやって人生の中でたくさん助けてもらった友人を、

ビールと一緒にモテなすのに

ピッタリの料理なのかもしれない。

今年はどんな思い出ができるかな?

(残念ながら楽しみにしていた夏フェスは中止になって行けず…)

なんて自分の言葉に酔っ払って、呑みすぎないように(笑)!

ぜひ、今夏ビールを片手に作ってみてください♪

(文・ダイちゃん)