SNS映えも間違いなし!

牛肉のお月見みそ汁

2020年のお月見は10月1日(木)。今回はお月見をイメージしたみそ汁をご紹介!

豆みその黒色のみそ汁で夜空を、卵で雲とお月様を表現しました。

すすきに見立てたえのきの上に星型のにんじんを飾れば、

映えるみそ汁の完成です。ぜひ、トライしてみてくださいね♪

<材料>(約2人分)

卵 2個

・にんじん 1/4本

・えのき 1/4袋

・牛薄切り肉 100g

・昆布だし 300㎖

・豆みそ 大さじ1と1/2

<下準備>

・昆布だしは水出しのものをつくっておく

(忙しいときは、顆粒だしを活用しても可)。

 

・にんじんは型抜きして星形にする。

 にんじんは抜いた方の部分も使用するため捨てずに残しておく。

・えのきは根元を落とす。

・卵は卵黄と卵白に分ける。

卵黄と卵白は小皿に分けておくと調理しやすい

<作り方>

①鍋に昆布だしとにんじん(星型と抜いたもの両方)、

 えのきを加え中火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火で3分煮る。

② ①に牛薄切り肉を加え、色が変わったらみそを溶く。

③別鍋にお湯500㎖と酢小さじ1を入れ(分量外)、沸騰したら卵白を落として弱火で2分加熱し、

 固まってきたら菜箸でまとめスプーンで取り出す。

 卵黄は弱火で1分加熱して、スプーンで優しくすくう。

白身は中心に寄せるようにしてまとめると良い

④器に具材を盛り卵黄をのせ、②の汁を注いで星型に抜いたにんじんを飾る。

☞ポイント

★盛りつけを綺麗に仕上げるために、

 卵白と卵黄はベースのみそ汁とは別鍋にする。

卵黄は加熱時間1分を目安に、

表面が固まるまで調整すると◎

★にんじんの型抜きした部分を土台にして、

 その上に牛肉とえのきを盛る。

 次に卵黄と卵白、えのきの上に

 星形のにんじんを見せるように盛ると

 見た目が綺麗に仕上がる。

<今月のおすすめみそ>

●「里の味(つぶ)」/愛知県

(南蔵商店 青木弥右エ門)

今回セレクトしている豆みそは、大豆全量を麹にしているので、

味の濃い牛肉との相性が良く旨味が強いのが特徴。

麹も大豆のため、たんぱく質含有量が多く疲労回復効果も高いと言われています。

豆みその主産地は愛知県、三重県、岐阜県の東海三県。

​豆みそを代表する、元祖「八丁みそ」も有名です。

北海道産大豆八丁味噌化粧箱.png
有機八丁味噌.png
豆みそ里の味つぶ.png

原料は愛知県産丸大豆と

伊豆大島の天然海塩「海の精」のみ。

創業時から145年以上使用している木桶に、

3年ねかせ熟成させた豆みそ。

●「国産大豆 八丁味噌 化粧箱」/愛知県

(カクキュー八丁味噌)

●「有機八丁味噌」/愛知県

(株式会社まるや八丁味噌)

北海道産大豆と沖縄の塩を使い、

江戸時代から続く伝統製法で造る八丁味噌。

贈答用としてもおすすめ。

江戸時代から八丁味噌造りの伝統の技と

味を守り続ける、風味豊かな無添加生みそ。

​\元祖「八丁みそ」はこちら!/