体がポカポカ温まる

厚揚げとカブのそぼろあんみそ汁

旬を迎えたカブと、葉も使ったみそ汁のレシピをご紹介。

この時期のカブは甘みが強く、柔らかめに煮て優しい食感に仕上げます。

少量の水溶き片栗粉を加えとろみをつけると冷めにくく、

体をより温めてくれますよ♪

<材料>(約2人分)

・【A】鶏ももひき肉 60g

・【A】酒 大さじ1

・【B】カブ 1/2個(40g)

・【B】厚揚げ 80g

・【B】水 300ml

・カブの葉 2本

・米みそ 大さじ2

・かつお節 軽くふたつかみ

・水溶き片栗粉  水小さじ1:片栗粉小さじ1/2

<下準備>

・カブは茎の部分を少しだけ残した状態で皮を剥き、8等分に切る。

・カブの葉は、2cm幅に切る。

・厚揚げは、食べやすい大きさに切る。

​カブは茎の部分を少し残すと、盛りつけの際に見栄えが良い

<作り方>

①鍋に材料【A】を入れて中火で1分炒める。

②ひき肉の色が変わったら【B】を加え、中火で2~3分煮てカブの葉を加える。

③弱火にしてみそを溶き、かつお節を加える。

④一瞬煮立つように中火にして、水溶き片栗粉を加え、とろみが付いたらお椀に盛って完成。

☞ポイント

★ひき肉を酒で炒めることで、臭み消しになる。

★かつお節を加えることで、即席だしになる。

<今月のおすすめみそ>

今回は、麹歩合の高く甘くてやさしい味わいの米みそをチョイス。

口当たりもなめらかで、そのままでも食べられるほどの美味しさです。

油揚げやカブなど、甘みのある食材と好相性。淡い色合いのため、

素材の色を活かした料理に最適です。

●「五号蔵」/秋田県

(石孫本店)

●「未来」/福井県

(マルカワ味噌)

400g/650円(税込)
_MG_7753.jpg
400g/1,350円(税別)

秋田湯沢産大豆と県産米、

塩は「沖縄の塩シママース」 を使って仕込む、

材料にこだわった自慢のみそ。

柔らかさとまろやかさが感じられる。

国産有機大豆と米、地下水を使って作られた、

木樽仕込みの無添加生みそ。

甘口のため、特に女性やお子様に人気。