ピリ辛で食欲増進!

かぼちゃのしびれ坦々スープ

9月はかぼちゃや舞茸など秋の食材をたっぷり使った、食べるスープをご紹介。

花椒などのスパイスには発汗作用があり、汗をかくことで体を冷やす効果が。

まだまだ残暑が厳しいこの時期に、しびれる辛さのスープを食べて疲れを吹き飛ばそう!

<材料>(約2人分)

・かぼちゃ 400g

・舞茸 1パック

・しょうが  1片

・にんにく 1片

・豚挽き肉 200g

・花椒(ホワジャオ)  小さじ1/2

・ごま油 大さじ2

 

・【A】酒 大さじ1

・【A】醤油 大さじ2

・【A】砂糖 小さじ2

・【B】水 600ml

・【B】豆板醤 大さじ1

・【B】酒 大さじ2

・【B】鶏ガラスープの素  大さじ1

・【B】醤油 大さじ2

・【B】白ねりごま 大さじ2

【B】塩 小さじ1

〈トッピング〉

・ザーサイ 50g

・ラー油 大さじ1

・万能ねぎ 4本

・糸唐辛子 適量

・白ねりごま 大さじ1

・白いりごま 大さじ1/2

・黒いりごま 大さじ1/2

<下準備>

・かぼちゃは飾り用に数枚スライスして、

 残りは皮を剥き一口サイズに切る。

・舞茸は小房に分ける。

・しょうが、にんにくは みじん切りにする。

・万能ねぎは小口切りにする。

・ザーサイは細かく切る。

<作り方>

①鍋にごま油を熱し、飾り用にスライスしたかぼちゃを焼き色がつくように炒める。

かぼちゃを素揚げするようなイメージで炒める

②かぼちゃに焼き色がついたら鍋から取り出す。

 そのまま具材を入れると焦げてしまうため、火を止めてごま油の熱を下げる。

 

③  ②にしょうが、にんにく、豚ひき肉、花椒を加えて炒める。

 

④  ③に【A】の材料を加えて味を整えるトッピング用に半量を別皿にとっておく。

 

⑤  ④の鍋に皮を剥いたかぼちゃ、舞茸、【B】の材料を加えてかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

スープにとろみがつくように、かぼちゃは崩してOK

⑥かぼちゃが柔らかくなったら火を止め器に盛り、トッピングの材料をのせて完成。

​☞ポイント

★③の豚ひき肉を炒める際に、花椒を加えることで

しびれるような辛さをしっかり引き出す。

豚ひき肉に花椒を絡めるように混ぜる

★⑥の盛りつけの際、先に白ねりごまをかけ、

 その上にラー油をかけるとツヤが目立って

 綺麗に仕上がる。

白いりごまと黒いりごまを合わせると、
バランス良くふりかけられる

スープのトッピングに万能ねぎを使う場合は​、

たっぷりかけると見た目が綺麗に!