​GABA効果でリラックス

なすのチリコンカン風スープ

異動や引っ越し、出会いや別れなど環境の変化がめまぐるしい春。

そんなときにおすすめなのが、なすやトマト、大豆を使ったスープです。

なすやトマトにはアミノ酸の一種であるGABAが含まれていて、脳の緊張やストレスを緩和する効果が!

また、大豆には心を落ち着かせる

ホルモン・セロトニンを作るL-トリプトファンが

含まれており、なすやトマトと一緒に摂ることでより効果が高まるそう。

心が疲れたなと感じたら、ぜひ作ってみてください。

<材料>(約2人分)

・なす 1本(80g)

・豚挽き肉 80g

・ミックスビーンズ水煮缶 100g

・玉ねぎ  1/4個

・にんにく 1片

・ホールトマト缶 100g

・水 300ml

・ケチャップ  大さじ1

・コンソメ 小さじ2

・塩 ひとつまみ

・しょうゆ 小さじ1

・ローリエ 1枚

・クミン(ホール)  10振り

・ナツメグパウダー  10振り

・パプリカパウダー 10振り

・クリームチーズ 20g

・ブラックペッパー 適量

・イタリアンパセリ 1〜2本

・オリーブオイル 大さじ2

<下準備>

・なすは輪切りにする。

・玉ねぎは薄切りに。

・にんにくとイタリアンパセリは、みじん切りで。

・クリームチーズを1cm角にカットしておく。

<作り方>

①鍋にオリーブオイルをしき、なすを炒める。

②なすの両面に焼き色がついたら、いったん取り出す。

③②の鍋に玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。

④さらに、豚挽き肉、にんにくを加える。火が通ったらクミン、ナツメグパウダー、パプリカパウダーを加えて炒め、香りを出す。

⑤ホールトマト缶、水、塩、ローリエを加えて煮る。

⑥アクを取り除きホールトマト缶を潰しながら煮たら、ミックスビーンズ、ケチャップ、コンソメ、しょうゆを加える。

⑦取り出しておいたなすを加え、さっと煮たら器に盛り、クリームチーズ、イタリアンパセリを盛りブラックペッパーを振って完成。

クリームチーズを入れると、よりコクがでる

​☞ポイント

★茄子は多めの油で炒めると、甘みが増しておいしくなる。

★しょうゆは隠し味程度に入れることで、味がグッとしまる。

クリームチーズを小さくしてのせることで、色合いもきれいに。

★スパイスは炒めることで香りがしっかり出る。

炒めてから煮込みましょう。

さらに、刻んだイタリアンパセリを散らすと、彩り鮮やかに仕上がります。

他のお料理にも、応用してみてください。