top of page

【冒険、スープ-レシピ編-】フランス映画ロシュフォールの恋人たち




カラフルフルーツと魚介のヨーグルトスープ


〈材料〉※約2人分

・きゅうり 2本

・ヨーグルト 400g

・にんにく 1/2片

・ライム1/2

・塩 小さじ1/2


★生食用サーモン 一切

★生食用帆立 1個

★ボイル海老 2個

★スイカ 2スプーン

★マンゴー 2スプーン

★ドラゴンフルーツ赤 2スプーン

★メロン 2スプーン

★アボカド 2スプーン

★ブルーベリー 2粒


ディル適量

EXオリーブオイル 少々


〈下準備〉

・きゅうりは食べやすい大きさにカット

・ライムは絞っておく

・にんにくはすりおろす

・サーモンは一口サイズにカット

・帆立は半分にカット

・スイカ、マンゴー、ドラゴンフルーツ、メロンアボカドは、スプーンで丸くくり抜く

※包丁で食べやすい大きさにカットしてもOK

※フルーツの用意はカットフルーツでもOK



〈作り方〉


①フードプロセッサーにきゅうり、ヨーグルト、にんにく、ライム、塩を入れる。

きゅうりが細かくなるまで回す。


②お皿に①を入れて、用意しておいた★の具材をバランスよくのせる。


③最後にオリーブオイルをかけて、ディルをのせたら完成!


☞ポイント

フルーツはお好みですが、カラフルになるように買い揃えましょう!

余ったフルーツはそのまま食べても、フルーツポンチにしても、

フルーツサラダにしてもいいですね!


\ Staff Voice /

有坂さんから、思い入れの強い映画と聞いていたので、そんな視点も含めながら初鑑賞。

はじまりからカラフルな世界が広がる映画でした!まず、衣装がキュートでクール。

フランスのセンスが詰め込まれ「あぁ、これは(邦画では)勝てない」と呟き、

ミュージカルとはいえ、話し合ったり、重要な感情の場面などは歌わず、しっかり会話としていて飽きることなく、気づけばエンドロール。海町を舞台に繰り広げられる恋・仕事・挑戦といった、昔も今も悩みって変わらないんだなと(この映画は1967年公開)。人と人との距離感の描き方が好きです。

さわのさんとも「よかったですね〜。よい映画に出会えた満足感がありますよね〜」と。

カラフル、海町、季節柄を意識して作っていただいた一皿は、酸味の中に旨み溢れるオリジナリティな仕上がりに。夏らしい一皿をぜひトライしてみてください♪

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


架空の続編『ロシュフォールの恋人たち』


この名曲はこの映画からだったのか!?

と驚きから始まるミュージカル。ロシュフォールの恋人たち。冒頭のシーンで「ん?何か聞き覚えのある音のような…」から始まり、双子が歌い始めた時には、どこかで聴いたことのある、あの曲はこの曲だった!』と感動体験になりました。

私が生まれるずっと前から、こんなにもオシャレで、可愛らしい映画が生まれていたなんて!!

あの素晴らしい映画『ラ・ラ・ランド』がオマージュしたという名作映画だったのですね。それもわかると、また『ラ・ラ・ランド』も見なきゃとなりますね。


さて、今回のレシピはカラフル、そしてジメジメする初夏にぴったりの冷製スープです。

季節のカラフルフルーツと魚介類を俳優たちに見立てて、塩味の効いたヨーグルトスープと絡めて食べれば、あなたの思い描くロシュフォールの町が頭の中に浮かぶはずです!

食欲の落ちる夏場にも、ヨーグルトスープはフルーツなどの具材がなくても、きっとあなたを助けてくれるはずです。



(文・さわのめぐみ)


次回の「冒険、スープ」は2023年10月を予定しています!お楽しみに。






最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page