世界で出会ったスープ-スリランカ2-

スリランカ最終日。夜の飛行機だったので、それまで朝からKANDYという街に行くことに。

(あ。前回までのお話はこちらからどうぞ

コロンボからバスで3時間ほど。ホテルからバスターミナルまでは歩ける距離なんだが、まず最初の難関で、カラス、そして野良犬がちらほらいて、でもその道を通らないと進めないという試練が。カラスより野良犬の恐怖が、、。噛まれて狂犬病になったらとか、いっそのこと車に轢かれたほうがマシとかとか。頭の中は「ここで人生が終わる」と思うほど、人生のきびしさを味わうことに。そして、30分ほどうろうろしたのち潜り抜け成功。


この時点で時間ロス。


そして、バスターミナルへ。ここで第2の試練。「どのバスに乗るのが正解!?」となったのでした。番号が書かれたバスでも行かない場合があり、なんども聞く羽目に。

これもようやく乗れて、いざ出発。


ホテルからバス出発まで1時間ほどかかってしまった(本来なら15分くらいで行けるはず)


道中のバスにいた子どもとあそぶ。かわいかったな。


ゆらゆら、揺られ続けてKANDYへ。

なぜ、このまちに来てみたかったというと、スパイスが有名なのです。

いろいろなスパイスがあり、量り売りもあり、お土産に喜ばれたなあ。


そして、仏教文化があり、大仏もちらほら。

中でも、白い大仏は圧巻でした!結構な坂を登り、来た甲斐があった大仏様。

上からの景色も最高でした。コロンボより好き、となった瞬間。


そして、ごはんタイム。チキンカレーをオーダー。これはスープのようにさらさら。

スリランカのカレーはやっぱりさらさらしている。真っ当な辛さで心底美味しかった。

2食め。もう、これよこれ!私が求めていたカレーは!辛さ、スパイス加減、最高でした。

屋台みたいなお店で食べたカレーがこの上なく美味しくて、朝の試練を潜り抜けたご褒美に

違いないと思いながら完食。

それから、帰りのバスの時間までしっかり観光したのでした。


私にとってのスリランカは、KANDYだ。食も人もまちの雰囲気も、すべてパーフェクト。

最終日にここに来れてよかった。もう一度スリランカに行く機会があったら、

真っ先にKANDYに行きたい。やはり仏教文化だからなのだろうか。居心地よかった場所。


スリランカは、ここ数年でリゾート地化しているところもあるそうで、

サーファーから言わせると“最高の波”があるとか。今度は海にも行ってみたい。


そして、スリランカといえばもうひとつ「紅茶」も有名。

スーパーに寄ったら、びっくりするくらい紅茶の種類がありました。

これも喜ばれたなあ(2回め)。


これにて、スリランカ旅のおはなしは終了。スープよりも観光メインになっちゃいましたがあしからず。


次回は、ヨーロッパ!から。旅のお話を続けますね。


また、3週間後にお会いしましょう。


soupn.スタッフ umico






4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示