世界で出会ったスープ-ベルギー2-

次の日は街歩き。

この2つに分かれる道が好きだったな。


威風堂々の証券取引所。階段があって人も集まっていて。日本では考えられないカジュアルさ!こういった建物がずっと続く。だから、ヨーロッパは魅力的なんだよーってなる。


グランプラスを通ると、馬に遭遇。


お決まりの場所。通称「小便小僧」。イタリアならトレビの泉、フランスならエッフェル塔というくらいの名所。


私にとって、一番好きなベルギービールは「CHIMAY」。

友人に写真をLINEしたら「日本とやっていること変わらないじゃん」と返答が。納得。笑


ベルギースープといえば「ワーテルゾーイ」という、鶏肉を煮込んだものが定番。

ただ売り切れとのことで、パスタを注文。これ、ワーテルゾーイに似ている、、画。


夕暮れ。泊まったホテルの外観が可愛い(まんなかのです)。


ということで、ちゃんとスープに出会えなかった旅でもありました。え。

(いや、私がビールばかりに目を向けていなかったらもっと出会えていたはず。反省)


私が旅するとき、ここで一生住める?と自問自答するのですが、

ベルギーは「住めます」。今すぐベルギーへ行ってくれと言われたらためらわずに行ける。

ビールがある、のは大前提で、人がほどよい距離感があるという印象で、あまり周りを気にしない?風潮にある気がしました。

あと、LGBTにも寛容なイメージ(実際のところはわかりませんが)。


最後に。

このちょうど1年後くらいに、ベルギーでテロがありました。

犠牲者も多く、利用した空港も封鎖しているというニュースも飛び込んできました。

もしも、と考えたらキリがなく、人間自体やってられないわけですが、

遠い国とはいえ、人事とは思えない事件で心を痛めました。

遠くからでも気にしている、思っている、だけでも違うのかなと思います。


ベルギー。また、行きたい国のひとつです。


soupn.スタッフ umico

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示