世界で出会ったスープ-マレーシア・ペナン島①-

まだ、コロナが中国で発生した?とハテナ情報とウワサ情報が錯綜している中で行った

旅のお話です。


2019年12月にマレーシアのペナン島の主にジョージタウンに行きました。

ジョージタウンは、2008年世界遺産にも認定されているすっごく素敵でアートな場所です。


有名なのは、バンクシーの壁画。これを見たくて行きました。

これを見つけたときは、初日の出来事がちょっと吹っ飛びました


さて、初日に起こった大ハプニングから語ります(!)

クアランプール国際空港に着くなり、入国手続きで大混雑。

よって、予約していた島へ行く飛行機時間に間に合わない、、計算に。

数千円なので潔く諦め、チケットを取り直そうと考えてバゲージピックへ。


ない・・・


バゲージがないではないか


・・・


そこから、1時間ほどスタッフとやりとりするものの、

まだ羽田空港にある確率が高いとの情報が。


飛行機に持ってきたのは、ショルダーバッグひとつのみ。

入っているのは、パスポート・財布・本一冊・スマホ充電器・インスタントカメラくらい。


今までの旅の中で、このハプニングはなかったので、心底途方にくれました。


とにかく、島へ行こうと決断し、チケットを取り直して、ようやくペナン島に到着。

そこから、タクシーでホテルまで行く際「え?荷物これだけ!?」という運転手のおどろいた顔は今でも忘れられません・・・!

タクシーの中ではカタコトで嘆いたら、同情してくれました。けっこう救われた気持ちに。


(ここまで写真がないのは、本当にテンパっていたからです)


ホテルへ到着して、事の事情を話し、荷物届いたら言うね!という感じで、

こういうことは結構あるのかもと思いました。


ホテルはこじんまりしているものの、一角の壁面がアートな感じだったりですごく満足!

ぐだぐだしていても仕方ないので、、

ショッピングモールへ行き下着を購入。

そして、朝から何も食べていないことに気づき、、スタバへ!

あま〜いケーキを喰らい当分補給。


その後も歩き回って、なんとなくの街の構図を知っていく。

(私は毎回、旅の初日にホテル周辺をぐるぐるして覚えていきます)


イギリス統治時代の名残もあり、洋館風の建物も立ち並ぶ

夕暮れになり、バゲージのことは明日朝から旅行会社に連絡しようと諦め、

ホテルの近くでちゃんとしたごはんタイムに。


カオマンガイなどに出てくる、このごはんが好き

そんなこんなでホテルに戻り、おとなしくがっつり、眠りにつくのでした。


スープは、次回フューチャーします♪


この旅の話はけっこう続くかもです…!お楽しみに。



soupn.スタッフ umico


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示