中華スープ考察

コーンスープは、中華風が好きだなと思った。

とある中華飯店のスープを飲み、実感。


片栗粉でとろっとしていて、旨味が凝縮。

何より、一口めの熱さがたまらない。

そして、出汁とたまごとコーンの割合が心地いい。

だまって食べ進めちゃうスープ。

白胡椒をパパッとふって、さらにコクを出す。

食べ終わったときの満足感たるや。


また、食べたい。


そう思える気持ちって重要。


いろいろモラル面とかで怖さがあるものの、、

中国は一度行ってみたい国。

「スープのルーツを知りたければ、中国へ行け」と、

何人かの方に言われたからそうなんだなと思う。

おそらく飯はうまいだろうから、しばしの滞在はできそう。

すべてはここだと思っているので。


最後に、いつぞやのフカヒレスープ。

このとろみ感もベストだった。

麻婆豆腐が美味しい店なのだが、スープにも心奪われた日。


そんなささいな日常を感じ取っていきたい。


最後の最後に。7月からずっとやりたかった「世界のスープ」連載がはじまります!

世界にあふれるスープ文化をお伝えできればと思います。


soupn.スタッフ umico

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示