作ってみたシリーズ 〜せんべい汁〜

みなさん「せんべい汁」って知ってますか?青森県八戸市の郷土料理で、八戸で作られている南部せんべいを醤油味の汁の中に入れる鍋料理らしいのです。ずっと気になっていたのですが、ちょうど材料が手に入ったので作ってみることにしました。




ジャジャーーーン!



なんと、キットになってます。袋を開けると・・・


南部せんべいと特製のスープの素が入ってます。さて、パッケージにある手順通りに作ってみましょう。

まずは、鍋に水とごぼう、にんじん、きのこ、糸こんにゃくを入れて煮ます。


きのこは野菜室にしめじがたまたまあったので、しめじを使いましたが、しいたけでも舞茸でもなんでもOKだと思います。ごぼうはささがきや薄切りだと子供が噛み切れない!とよく怒っているので、食べやすいように千切りで。にんじんも同様にしました。


お次は、鶏肉と豚肉、白菜を入れます。


レシピ通りだと、キャベツを入れるそうなのですが白菜で代用しました。すでにこの時点で具材モリモリです。お肉に火が通ったら、最後は主役のせんべいを投入!


せんべいを入れる際は、4つに割って入れてくださいとのこと。パキパキ割って、鍋に入れていきます。8分ほど煮込んでせんべいがフニャフニャになったら完成!


一口食べるとごぼうの香りがふわ〜っと広がり、お肉からそれぞれの出汁が出て、美味しい!!肝心のせんべいのお味というか食感はというと・・・「ぎょうざの皮みたいだね〜」と子供たち。そうなんです!水餃子のようなもっちり感。おせんべいの味も感じられ、美味しゅうございました。2杯目は味変えで、田の実さんで買えるゆずこしょうと一緒にパクリ。(ラー油を垂らして食べても合いそうだったので、残った材料でやってみようかな)


子供もおもしろがってたくさん食べてくれたので、また購入したいと思います♪

みなさんもせんべい汁のセットを見つけたら、ぜひ食べてみてください!



soupn.編集スタッフ Yukiii

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示