【映画】イン・ザ・ハイツ

8月の映画(妄想)コラム『冒険、スープ』は、「シェフ」がテーマです。


だからなのか、夏だからなのか。


南米に興味が湧きいろいろ調べていたら、

ミュージカル映画「イン・ザ・ハイツ」。を見つけ、映画館に行ってきました!


朝でも30℃近くあった、とある夏の日に鑑賞。


不法移民、貧困、差別・・・。それでも、夢を持つ若者たち。もがいて、泣いて、笑って、苦しんで、踊って、叫んで、歌って。

活力みなぎる作品でした!

夢って言われてもね…という人も多いかもしれませんが、なんとなくでも“これしたい”みたいな気持ちだけでも持っておくといいのかなと、歳を重ね…身に染みているところ。

どうせ、生きてるならね。といった思考にも。


アメリカ・ニューヨークの片隅で暮らす移民。南米の母国を思いながらも…アメリカで生きていく彼ら彼女らは、美しいほど生きることに必死。でも、陽気捉える南米の血っていいな。

やっぱ、暑い国はパワーがあるなあ。


わたしは基本、暑いのが好き、得意なので、実は憧れの場所でもある。

年がら年中、海のそばにいても大丈夫。

太陽をいっぱい浴びて、日焼けして!みたいなのウェルカム。


余談としては、美容室のオーナーの側近の女性がゆめっちにしか見えなくて、

もうゆめっちが演技している感じで見てしまった・・・(誰かと共感したい)


気分を上げるために、南米に合うかな?カジュアルドレスも着ていったのですが、

周りがシンプル(地味)で目立ったなと思いつつ、こういうイベントはファッションでも盛り上げるタイプなので気にせず。というか、世の中が地味すぎてつまんないなあ。



最後にさわのさん考案のシェフからインスピレーションを受けたレシピも公開しました!

これも南米料理で、カラフルなスープです。

キューバ、ドミニカ、プエルトリコ…

いつか1ヶ月くらいかけて行きたいなあ。

これも、夢ですね。

soupn.スタッフ umico

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示