【冒険、スープ】クリスマスを楽しむために。

今回の妄想コラムは、クリスマス!


というのも、みなさんにぜひ紹介したい作品がありまして。


日本では、劇場未公開のDVDスルー。

でも個人的には、歴代クリスマス映画でもトップ3に入るほどの傑作!

と言い切れる『エルフ ~サンタの国からやってきた~』です。



ここまで面白いのに、なぜ未公開??


きっとこの作品が損をしているのは、

内容ではなく、メインビジュアルだと思うんです。


アメリカンコメディに苦手意識を持っている人には、

このビジュアルだと、どうしても響かない。

実際、僕のまわりにもそういう方が何人かいました。

笑えて、泣ける、最高の1本だというのに…


ちなみに内容は、このような感じになっています。




******


「ある年のクリスマス。

プレゼントを渡し北極に戻ったサンタの袋から人間の赤ちゃんが。

子ども好きなエルフたちは、その子を“バディ”と名付け、

エルフの子どもとして育てることに。

しかし、小妖精であるエルフの倍以上に成長したバディは、

自分が人間であることを知ってしまう。

バディは、NYにいるという実の父親を探しに行く決心をするが、

その父親は、エルフの持つ"悪い子リスト"に載るクリスマスを信じない人間だった…」


******


NYのクリスマスの雰囲気。

奇跡を信じてみようと思える物語。

絵本のような世界観。


ぜんぶ素敵なうえに、

ズーイー・デシャネルのクリスマスソングまで聴けるんです。


おまけに監督は、

前回紹介した『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のジョン・ファヴロー。


もはや、言うことなしですよね?


今回は、そんな作品の続編企画を考えてみました!


 

【架空の続編】


『エルフ Part Ⅱ』

監督:ジョン・ファヴロー

出演:ウィル・フェレル、ズーイー・デシャネル、ジェームズ・カーン


★物語

めでたく幸せな家庭を築いたバディは、

その後、自らの生い立ちを生かし、クリスマスショップを経営している。

あの奇跡を起こした街、NYで。


もちろん12月は、最も忙しく、最も幸せな時期。

本物のサンタクロースの撮影会が行われたり、

日替わりでミュージシャンのクリスマスライブが楽しめたりと、

(ふと、マライア・キャリーが現れて「恋人たちのクリスマス」を歌ったことも)

店内はクリスマスの心が溢れ、人々の笑顔でいっぱいでした。

しかしさらにバディは、誰もが想像できない、ある壮大な計画を企んでいたのです…。


 


今回、さわのめぐみさんに考えていただきたいのが、

このお店で12月になると始まる"アドベントスープ”です。


12月1日からクリスマス当日までの24日間をカウントダウンする

アドベントカレンダーの「スープ版」。

何が出てくるかは、出てきてからのお楽しみ。


こちらの12月24日版のスープの考案をお願いいたします。


文・Kino Iglu 有坂 塁



Kino IgluさんのHPはこちら


Instagramはこちら


閲覧数:32回0件のコメント