【冒険、スープ-レシピ編-】映画エルフ・妄想レシピ「ミルク粥」

(キノ・イグルー 有坂さんによる「エルフ〜サンタの国からやってきた〜」紹介ページはこちらから!)


アドヴェントスープ(12月24日編)

☆ミルク粥☆


<材料>(約2人分)
・冷や飯 100g
・水 100g
・牛乳 200g
・グラニュー糖 大さじ1
・しょうが(すりおろし)  5g
・塩 ひとつまみ
・ローストアーモンド 6粒
・ロースト胡桃 6粒
・がぼちゃの種 大さじ1
・シナモン お好み
・メープルシロップ お好み


<作り方>

①小鍋に水を入れて、中火にかけて沸騰させる。そこに冷や飯を加えて一煮立ちさせる。


②牛乳、グラニュー糖、すりおろししょうが、塩を加えて、弱火でゆっくりコトコト煮込む。


③ご飯が牛乳を吸って、ある程度とろみがついたらできあがり。


④うつわに盛り付つけ、アーモンド、胡桃、かぼちゃの種、シナモンを振り、お好みでメープルシロップをかけて召し上がりください。



☞ポイント

★塩を加えることによって、味がまとまるので必ず入れましょう。

★メープルシロップとありますが、お好みではちみつもオススメ



街はクリスマスソングが流れ、ツリーが立てられ、イルミネーションがキラキラ…☆どうせなら、楽しもう!とここ最近は、クリスマスが好きになってきたスタッフumicoです。そんな中でも、王道のクリスマス映画(ストーリー)を紹介していただいた有坂さん。(おそらく!)お子さまが産まれてから、家族の絆といったお話に目がうるうるとなっているんだろうなあと勝手に推測します(ちがったらごめんなさい笑)

そして、さわのさんってやっぱりすごいなあと思ったレシピ「ミルク粥」。あまいものがだ〜いすきなサンタクロースを想像してできあがった一品は、大人でも食べてみたくなる少し“スパイシー”な味付け。あまいだけでない。ピリッと濃厚、そんな味なんだろうなと思いながら、冷蔵庫に冷や飯が残っていることを思い出し、むふふとなりました。クリスマスまでに一度作ってみます☆


 

架空の続編『エルフⅡ-サンタの国からやってきた-』

有坂さん、これは本を出すべきです!なんなら監督に!と思うくらい大好きなこの企画。

みんなが大好きな12月がやってきましたね!!忙しくて目が回りそうなのに、なぜこんなにもワクワクするのでしょうか?


それはやっぱりクリスマスがあるから?


さてさて、今回の有坂さんからのお題は

『バディのお店で12月になると始まる"アドベントスープ"です。

12月1日からクリスマス当日までの24日間をカウントダウンする、

アドベントカレンダーのスープ版。』

(キノ・イグルー 有坂さんによる「エルフ〜サンタの国からやってきた〜」紹介ページはこちらから!)


ということで、提案したのは「ミルク粥」です!


12月24日一晩中世界の子どもたちにプレゼントを配るサンタクロースを労うために、クリスマスツリーやリビングに牛乳とクッキーを置いておくという習慣があります。

サンタクロースがクッキーをひとかじり、そして牛乳を半分飲んで、次の子どもの家に向かうのです。

そんなサンタクロースが残したクッキーと牛乳を見て、子どもたちは『サンタさんが来たー!!』と大喜びするんですね。


サンタクロースが住む国と言われているフィンランドの伝統料理でもある「ミルク粥」をバディ風にアレンジしてレシピにしました。

ポイントはたっぷりのメープルシロップをかけて食べることです!


(文・さわのめぐみ)

さわのめぐみさんHP // Instagram












閲覧数:33回0件のコメント