top of page

世界で出会ったスープ-ジョージア編 2-

ジョージアを旅したお話の2回目。


今回は、魅力的だった建物を中心に紹介します!

ジョージアの首都・トビリシは主に新市街と旧市街に分かれています。

最初は新市街に泊まりました。比較的新しい建物が並んでいるのですが、

ヨーロッパによくある、建物自体は昔からのもので、中はリノベされているスタイルが多かったです。

私は旧市街の街並みが好きだなと感じました。中でも、泊まったホテル(確かマリオットグループ)のロビー横にあるフリースペースが好みで、調べものやくつろいだりする時に利用していました。


カフェ風のスペースも。



アパートやカフェも古い建物だがそれぞれに味があり(右へスライドを♪)、



洗濯物が高い位置で干されていて、

どうやって干しているんだろう...と気になったり。


旧市街にある、地下の古着街にも足を運びまして。

古着大好き人間としてはワクワクする場所でした。

ただ、H&Mといったファストファッションがありふれていて(時代だが残念すぎる現実)、デッドストック物は見つけられず。


映画「シャイニング」に出てくるようなラグマットを見つけたが、

お店のもので売ってくれなかったり、


軍物はやっぱり充実していて、軍バッヂをお買い上げして今でも愛用していたり。


といった感じで、トビリシをぐるぐると徘徊しました。

地下鉄も通っているし、バスも充実していて、街がわかりやすかったです。


そうそう、山の上にあるほぼ誰もいない遊園地にも行き、これにはどことなくホラー感もあり、今となってはいい思い出に(ロゴはとってもかわいかった)。



また、いつかあのカルボナーラを食べに行けたら、、と思っています!




soupn.編集部 umico



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page