top of page

日本一の芋煮会フェスティバルへ行ってみた!

山形県の秋の風物詩といえば、そう!芋煮です✨今年はようやくコロナも落ち着いて、例年通り「日本一の芋煮会フェスティバル」が開催👏


ということで、奇祭とも言われる芋煮会に参戦してきました!


日本一の芋煮会フェスティバルは、「山形の食文化・秋の芋煮会」の魅力を全国に発信するために「日本一大きな鍋で芋煮会をしよう」という掛け声のもと、1989年「初代 大鍋・鍋太郎」の誕生とともに、秋の一大イベントとして始まったのだそうです。


それでは早速、会場の写真をご覧ください♪

会場は、山形市にある馬見ヶ崎川河川敷。

ここにどどーんと鎮座してるのが、直径6.5メートルの日本一大きな鍋です😮

見えますか?ちょうどクレーンの下あたりです👀

この鍋に、約30,000食分の芋煮を作るのです。

さらに仰天なのは、おたまの代わりにクレーンを使うこと。これで材料を大鍋に運ぶのです‼️


材料はこちら↓

いろいろ、トンレベルの分量🐃

これをすべて大鍋にいれて、豪快に料理していくわけです。


さて、この大鍋からどうやって我々の手元に運ばれてくるのかというと...

こんな感じで、クレーンを使って小鍋に取り分けて、これを配膳するというわけなのです✨

この小鍋ですら、大鍋ですが笑


こうして私の手元に届いた芋煮がこちら💁‍♀️

見てください!この透き通ったスープを✨牛肉のうま味と野菜の甘み。そして、芋煮を陰で支えるこんにゃくの食感がたまりません。(以前家で作った時に、こんにゃく入れ忘れたら、これは芋煮ではないと言われた)

秋を感じる、至福の一杯🍂何杯でもいけそう。

近所の方は、マイ鍋を持って並ぶお客さんも。鍋に家族分取り分けてもらうのだそう。


なんと私が子どもの時は、これが無料で配られていました‼️今は残念ながら、有料です。このご時世ですもん、仕方ないですね。


年1回しか開催されないイベントですが、気になった方は、来年ぜひ参加してみてください♪

山形の地酒もいただける、セットプランもありましたよ🍶


おうちで作ってみようかな?という方は、こちらのレシピを参考に↓


チャンネル登録&グッドボタンもお願いします🤲


soupn.編集スタッフ Yukiii

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page