[人モテ、スープ]3月のおモテなし  〜春野菜のスープ肉じゃが〜

新玉ねぎや新じゃがいもなど、春野菜の季節が到来!

ビタミンも豊富で栄養たっぷりな肉じゃがを、スープ仕立てでいただきませんか?

ありそうでなかった、手軽に作れて美味しいレシピです。



<材料>約2人分
【具材】
・カレー用豚バラ肉 150g(カットしているものが便利)
・新じゃがいも 1個
・にんじん 1/3本 
・新玉ねぎ 1/2玉 
・小松菜 3本 
・しょうが 10g
【スープ】
・水 300ml
・出汁パック 1パック
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ2 
・酒 大さじ1
・ブラックペッパー お好みで

<下準備>

・じゃがいもは皮を剥いて乱切りにする。

・にんじんは5mm程度の厚さでいちょう切りに。

・玉ねぎは繊維に沿って1cm程度に切り分けたものを、繊維を断つように2等分する。

・小松菜は葉と茎をわけて、2cm程度にカット。

・しょうがは3mm程度に細切りにする。


<作り方>

①鍋に水と出汁パックを入れて、沸騰したら1〜2分程度煮出す。



②具材と、しょうゆ、みりん、酒を入れて、強火で煮立たせる。


強火で一気に煮ることで、じゃがいもの煮崩れを防ぐ。




③煮立ったら蓋をして、吹きこぼれに注意しながら中火で4分程度煮る。


④火を止めて蓋をしたまま、5分程度置く。


火を止めて放置することで、味を染み込ませる。



⑤具材に味が染み込んだら、うつわに盛り付けて完成!


 

 僕の“スープ”エピソード 〈前編〉 


こんにちは、ダイちゃんです。


いよいよ気候も春めいてきましたね。

今回のレシピも春の訪れに合わせて、春野菜をふんだんに使ったスープをお届けしました。


春といえば新たな出会いやスタートの季節でもあり、

旅立ちや別れの季節でもあるように思います。


何かが始まれば、何かが終わる、というのが世の常。

そのはずなのに、なんだかこの2年間は、息継ぎなしで遠泳をしているような、

いつ向こう岸で一呼吸置けるんだろうか?という日々を

多くの人が過ごしているのではと想像します。


コロナ禍になってからはや2年、長い冬のような自粛の期間がいつまで続くのか?

と思いきや、ふと落ち着いた春の凪が来た、と思ったらまた波が来て…。


ただでさえ日々は慌ただしくて先も読めないのに、世界では信じがたいさまざまなことが起こっている。


世界や大変な人に意識を向けたいけれど…


『もう日常で精一杯だよ』

『仕事と家庭のことでそれどころじゃないよ』

『子育てや受験のことで頭がいっぱいだよ』


そう思っても仕方ないくらい、難しい2年間でした。


それでも、それぞれの日常や苦難があり、春夏秋冬がある。


ほんの2年前もそれは変わらなかったはずなのに、

いつのまにか当たり前の日常と、明日さえもわからない混沌が入り交じることが、

どんどん強調されるような時代になってきたような気もします。


<後編へ続く!>

 

次回は「人モテ、スープ」涙の最終回です!

「春野菜のスープ肉じゃが」の残りの材料を使った、ガッツリおかずレシピをお届け。

コラム後編は、ダイちゃんが“スープと日常”について語ります。

3月24日(木) のアップをお楽しみに★



ダイちゃんのHPはこちら


Instagramはこちら


Twitterはこちら


YouTubeはこちら



閲覧数:131回0件のコメント