【一汁 一素】牛こま肉とモッツァレラチーズの赤ワインシチュー

フランスと言えば、「ボルドー」「ブルゴーニュ」といった、世界中のワイン愛好家が憧れる、赤ワインの銘醸地が多くある国 。

そこで、今回はみそと赤ワインをフュージョンさせた時短シチューのレシピを考案いただきました!赤ワインをたっぷり使い、ワインの酸味と白みその甘さとコクが好相性。赤ワインと一緒にいただいて、フランスの風を舌で感じてください。



<材料>(2人分) 
・オリーブオイル 大さじ1
・玉ねぎ 1/2個(100g)
・牛肉薄切り 160g
・塩 少々
・片栗粉 大さじ1
・モッツァレラチーズ 50g
・【A】おろしにんにく 小さじ2
・【A】赤ワイン 400ml
・【B】水 50ml
・【B】白みそ 大さじ4
・【B】顆粒コンソメ 小さじ1/4
・【B】砂糖 小さじ2
・ブラックペッパー 少々
・タイム 適宜(飾り用)

<下準備>

・玉ねぎは5mm幅に切る。

・牛肉は塩で下味をつけて丸め、片栗粉をまぶす。

お肉を丸めることで、かたまり肉よりもやわらかく食べやすくなる。



<作り方>

①鍋にオリーブオイル1/3を引いて熱し、中火で玉ねぎを7~8分炒め、取り出す。


② 残りのオリーブオイルを引き、牛肉を焼き色がつくまで中火で3分転がしながら焼く。


③【A】を加えて強火で7~8分煮る。


赤ワインをたっぷり使い煮詰め白みそを加えることで、甘みと酸味とコクのバランスが良くなる。



④【B】を加え弱火で2〜3分煮る。


⑤うつわに盛り、食べやすい大きさに手でちぎったモッツァレラチーズをのせる。最後に、ブラックペッパーをちらし、タイムを飾って完成!



ビーフストロガノフのように、ごはんと一緒に盛り合わせても◎。

型抜きしたにんじんなどを飾って、ハロウィンやクリスマスにも映える可愛い見た目に!


 

今回は、赤ワインと相性の良い

白みそをご紹介。

赤ワインの深い赤色をいかし、

料理を美しく見せてくれます。


白味噌/六甲味噌(兵庫県)

300g/ 691円


兵庫県産米と兵庫県産大豆を使った白みそ。糀と大豆の割合が21対10のため、糀の甘い香りが生きています。絹のような滑らかな食感とまろやかで自然な甘さが特徴。正月の雑煮にもぴったり。




西京風 白みそ/河村こうじ屋(三重県)

400g/540円


先代の伝統と技を引き継ぎ、「手作り」と「麹蓋製法」にこだわったみそ。手作りの麹蓋(木蓋)と、木の麹室で熟成します。そのため、糀は一般のものと比べて麹菌の生育が良く酵素も強くなるため、糀の中まで麹菌が入った”溶ける糀”となり、甘みがでます。

※価格は全て税込です



<一汁 一素レシピが盛り沢山!>




閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示