[スープなosanpo] RainBowl(レインボウル )

更新日:11月12日

新鮮で高品質な野菜やフルーツが揃う

学芸大学の素敵な八百屋さん


学芸大学駅西口を出て徒歩30秒ほどのところにお店を構える「RainBowl(レインボウル )」は、2020年11月にオープンした八百屋さん。

野菜やフルーツは旬のものを、東京・大田市場から毎朝買付するほか、自社農園や契約農家からも仕入れており、厳選した高品質のものがお店に揃う。「お客様には、本当に美味しいものを食べてもらいたい!お店で販売しているものは、自信を持ってオススメできるものばかりです」と、語るのは執行役員の出浦さん。



出浦さんをはじめ、お店の立ち上げメンバーは元料理人揃い。そのため、鮮度や品質にはとことんこだわり、自分たちが目利きしたものだけをお客様に販売している。 ​「百貨店で販売されている野菜やフルーツと、同品質のものを提供しています。正直コスト的には大変ですが、それでも美味しいものを毎日食べてもらいたい!という想いで、できる限り良心的なお値段にしています」。



野菜やフルーツのほかにも、フルーツサンドやフルーツ大福、フルーツポンチ、日替わりサラダなどのさまざまなテイクアウトメニューを提供。

中でもおすすめは「スープサラダ(500円)」!彩りにもこだわった美しいスープで、10種類以上の野菜がたっぷり入っている。オーダーする際に、生姜、白湯、野菜だしの中から液体スープの素をチョイス。自宅でサラダの入った容器に液体スープの素を入れ、水250mlを注ぎ、レンジで5分(500W)温めれば完成!



「レンジで温めるとちょうど良い硬さになるよう、それぞれの野菜を下茹でするなどしています。野菜の味わいをいかし、食べてて疲れないスープに仕上げました」。


食べて驚き・・・!野菜のシャキシャキとした食感もありつつ、スープとしての味わいも感じられる、まさにサラダのようなスープ。ボリュームも満点なので、ダイエット中の方にもぴったり!

今後は、さらに楽しんでいただけるよう、お肉をプラスするなどのトッピングも模索しているという。


「今後はテイクアウトメニューを、さらに増やしていきたいと思っています。スムージーやフルーツが入ったスイーツ風お汁粉なども試作中です!」


「RainBowl」を運営する株式会社Unchef(アンシェフ)では、同じく学芸大学駅前に姉妹店も展開。



「Chef's Marche(シェフズマルシェ)」では野菜やフルーツ、サラダなどを販売。「SEASON'S CAFE(シーズンズカフェ)」では、仕入れた野菜を使った料理やスイーツがイートインで楽しめる。2店とも、「Rain Bowl(レインボウル)」から徒歩1分以内の近い場所にあるので、ぜひ、こちらにも足を運んでみてほしい。


身体に取り入れるものだからこそ、素材にこだわったものを。街のおしゃれな八百屋さんで、野菜やフルーツが持つ魅力を感じてみては。



《11/11(木)〜12/11(土)まで》


サラダスープご注文で、

先着10名様に炙りベーコンor

ミックスビーンズor

温泉たまごのいずれかをトッピング!

ご注文の際に必ず

「soupn.(スープン.)ウェブサイトを見た」

とお伝えください。



●フルーツポンチ【小瓶4個セット】

ラ・フランス1個、りんご1個、柿1個、ぶどうミックス1個

5,300円

秋の実りを詰め込んだ贅沢なセット。お歳暮などの贈り物にもおすすめ。

※フルーツは仕入れの状況により変更場合がございます。※表示価格は税込です。



RainBowlのHPはこちら


Instagramはこちら

49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示