【スープなosanpo】東京豆漿生活(トウキョウドウジャンセイカツ)

更新日:5月11日

早!台湾朝食好好、熱烈歓迎

日本で台湾式の朝ごはんを味わおう


山手線「五反田駅」から徒歩約5分のところにある『東京豆漿生活』。

朝ごはんを外で楽しむ文化がある台湾。その文化を日本に取り入れた、

台湾式朝ごはんの専門店です。

東急池上線・大崎広小路駅から

徒歩約2分でも行ける


オーナーの奥様が台湾人であることをきっかけに、「日本で手作りの台湾ごはんが食べられるところがないな…そんなお店があったらいいのにな…」という想いからはじまったお店。もともと、神田にある「東京豆花工房」で台湾スイーツ“豆花(トーファー)”をメインに出しているお店の2号店として、五反田の地であたらしい形でお店を開くことになった。

お店のメインは、何といっても「豆漿(豆乳)」。豆乳は一からお店で作り、専用の機械室で毎日ていねいに作られている。お店の一番人気は、やはり、豆乳のスープ【鹹豆漿(シェンドウジャン)】。

お酢が入った自家製の調味料とやんわりとした豆腐の風味がふわっと広がり、じんわりからだに入っていく。台湾人にとってこの一杯が1日の活力となっているのだそう。

これが「鹹豆漿(シェンドウジャン)」!

ヘルシーでいて意外と腹持ちよし


また、基本となる五香粉やこしょうは台湾から取り寄せているこだわりも。そのほかシンプルなプレーン味、甘みのある黒糖もご用意。仕事や移動の合間にホッと一息つけるドリンクも揃う。さらに、豆漿に合うパンやおにぎりなどフードメニューもお店のウリのひとつ。

大まかにしょっぱい系と甘い系に分かれ、常時約10種類ほどの商品が並ぶ。


また、朝のクイックメニューとしてワンコイン(テイクアウトのみ)で楽しめる「肉鬆 鹹豆漿(ロウソン シェンドウジャン)」「肉鬆 粥」は、以前当サイトでも紹介した(近隣の)信濃屋さんの鶏だしを使用しているそう。こちらもぜひ試していただきたい一品だ。


店内は、台湾で放送されているラジオが流れ、卓上テーブルがいくつか。オーナーの奥様が日常的に感じていた台湾での生活が垣間見れる空間に。スタッフの中には台湾人もいて、より現地を感じさせる時間の流れと鹹豆漿の味に台湾に行った気持ちにも浸れる。



実はsoupn.では昨年から紹介したいと足を運んでいたお店で、

タイミングよく取材することができた念願のお店



「朝は9:30ごろから混み出すので、出勤前に立ち寄る方が多いです。

女性の方が多いですが、男性のおひとりさまも来てくださり、朝ごはんを外で楽しむことが

広まっている感じです」と店長の高野さん。

朝起きして、食べたくなる『東京豆漿生活』。いつものルーティンに“台湾式”を取り入れて、変化ある日常にトライしてみるのもいいかもしれない。

台湾式のおにぎり

「飯糰(ファントン)450円」は、

注文を受けてから作る。

もち米を使い、具材は煮卵、高菜、

肉鬆(ロウソン/お店特製のふりかけ)

などが入り食べ応えも十分




《4/4(月)〜5/5(木・祝)まで》

【各日先着5名様限定!】

「鹹豆漿(シェンドウジャン)」ご注文で、

花生餅(ピーナツ)または胡麻餅を1個プレゼント!


ご注文の際に必ず「soupn.(スープン.)ウェブサイトを見た」とお伝えください。

※鹹豆漿豆は1点ご注文につき、1個プレゼント

※価格は全て税込です





HPはこちら

Twitterはこちら




<まだまだお散歩したりないあなたへ>


閲覧数:104回0件のコメント