【スープなosanpo】たらちゃん [読者特典あり!]

更新日:6月7日

知る人ぞ知る韓国の美肌スープ

『プゴク』専門店が東京・銀座に誕生!


日比谷線「東銀座駅」から徒歩約2分。

ほとんどの日本人が飲んだことがないであろう韓国の日常スープ『プゴク』の専門店が、2021年12月3日にオープンした。

銀座駅や新富町駅からも

徒歩で行ける好立地にオープン


『プゴク(북어국)』とは、干し鱈(プゴ)を煮込んだあっさり味のスープ。韓国では家庭料理として、老若男女を問わず幅広い人々に愛されているそう。韓国の一般的な食堂では定番メニューにもなっていて、専門店も多いという。


日本で生まれ育った在日韓国人のオーナー高さん。「韓国へ行った際にプゴク専門店『武橋洞(むぎょどん)プゴクッチプ』 で食べたスープに感動したんです。その味を日本人にも味わってもらいたい!と思いました」と、お店のオープンを決意したそう。人の流れが多い路面店に店を構えたい!という想いもあり、この地に決めたという。


発券機を使ってオーダー。

使う食器も韓国らしさにこだわる


提供するメニューは、『プゴク』とご飯、副菜のセット(1,200円)のみ。キムチをはじめとする卓上の副菜とご飯は、なんとおかわり自由!「たくさん食べてもらいたいという想いももちろんありますが、フードロス も考えて食べたい人が好きなだけ残さず食べられるよう、食べ放題スタイルにしました」と高さん。すべての副菜は化学調味料を一切使用しない自家製にこだわる。


もちろん『プゴク』にも、日本の味覚で育った高さんならではのこだわりが。韓国の『プゴク』は牛テールベースが多いのだが、高さんが作るスープは日本人の味覚にマッチするよう、乾物だけで出汁をとる。絶妙にアレンジされた出汁は、日本人の胃に染み渡るやさしい味わいなのだ。


まずはスープをそのままいただき、

次にキムチやご飯を入れていただく

食べ方がおすすめ


お店の開店時間は、なんと朝の7時から!「身体にいいものを朝からたくさん食べて欲しい」という想いから、早朝オープンにしているという。朝食でも人気の『プゴク』だが、実は二日酔いの酔い覚ましとしても効果がある。干し鱈に含まれているたんぱく質には、アルコールを分解するのに重要な役割を果たすアミノ酸が豊富に含まれていて、アルコール代謝を促進するすため、二日酔いの特効薬として人々に愛されているそうだ。

アミノ酸が豊富なので、もちろん美肌効果も◎。美容・健康意識の高い、韓国グルメファンにも注目されているスープだという。



お店は14時まで営業していて、韓国料理好きな方がわざわざ遠方からランチへ食べに来ることも多いそうだ。それほど日本ではレアな『プゴク』専門店。

「もっと多くの人に『プゴク』を知ってもらいたいし、食べてもらいたいんです。なので、今後はテイクアウトやオンラインショップでも販売しようと思っています。全国の人にこの味を届けたいですね!」と、熱く想いを語る高さん。


朝食やランチとして楽しむのはもちろん、銀座で飲み明かした朝にもぜひ飲んでいただきたい一杯だ。



《6/6(月)〜7/7(木)まで》

【先着5名様限定!】

『プゴク』ご注文で、

たらちゃん特製キムチ1パックプレゼント!


ご注文の際に必ず「soupn.(スープン.)ウェブサイトを見た」とお伝えください。



※価格は全て税込です


Instagram はこちら




<まだまだお散歩したいあなたへ>


閲覧数:169回0件のコメント

最新記事

すべて表示