【旅と世界とスープ】trip3.マルシェの野菜で作る「アスパラと玉ねぎのオニオングラタンスープ」

更新日:1月13日



​trip.3 フランス「パリ」


3回目の「旅と世界とスープ」は、フランスから。

スープは『オニオンスープ』。意外にも意外。オニオンスープは、soupn.の中でも初のレシピです。

山田さんのフランスの思い出も一緒に、今回も美味しいコラムをお楽しみください。




〈材料〉※約2人分

・アスパラ 3本

・玉ねぎ 1/2個

・にんにく 1かけ

・とりもも肉 60g

・ベーコン 40g

・バター 15g

・水 600ml

・白ワイン 大さじ3

・塩 小さじ1

・ローリエ 1枚

・バゲット 4枚

・グリュイエール 適量

・パセリ 適量


〈作り方〉

①アスパラは下の硬い部分の皮を剥いて、1㎝幅に切る。玉ねぎ、にんにく、ベーコンは、みじん切りする。とりもも肉は小さめのひとくち大に切る。


②フライパンでバターを温め、玉ねぎ、にんにく、ベーコンを入れて、弱火で飴色になるまで炒める。


③白ワインを加えて、鍋底についた焦げをこすり落とし、水、アスパラを入れてひと煮立ちさせる。


④③にとりもも肉、ローリエ、塩を加え、弱火で8分煮る。


⑤耐熱カップに注ぎ、バゲットをのせ、グリュイエールチーズを削って、

トースターでチーズが溶けて、表面に焼き色が付くまで焼き、パセリをふって完成。

(あの時、パン屋で買ったバゲットでオニオングランタンスープにすればよかった)


☞ポイント

★②の玉ねぎは飴色に炒めることで、スープにコンソメのようなコクが生まれるので、

根気強く、混ぜながら炒めてください。






パリでは、2週間ほどの滞在を3回ほどしています。

友人もたくさんいるので、パリに行くとなんだか、「ただいま」と言いたくなります。


長期滞在する時は、キッチン付きのアパルトマンを借ります。

朝、近くのマルシェに出かけ、野菜やベーコンなどを買って、スープを作って朝食にします。


それでは、2014年、2015年のパリを振り返ります。

※今回も素敵な写真ばかりでしたので、動画にいたしました


(レシピと文・and recipe 山田英季)


instagram


閲覧数:118回0件のコメント