top of page

【旅と世界とスープ】trip.6(最終回)上海で何度も食べた「蘇州麺」風



trip.6

中国「上海」



最終回となる6回目の「旅と世界とスープ」は、中国から。

スープは、細麺であっさりとした味わいの中国のラーメン『蘇州麺(スージョウミェン)』。

山田さんの上海の思い出と一緒に、今回も美味しいコラムをお楽しみください。




〈材料〉※約2人分

・青ねぎ 2本

・植物油(米油) 大さじ2

・しょうが(千切り) 5g

・しょうゆ 大さじ3

・オイスターソース 大さじ1

・きび砂糖 大さじ1/2

・鶏がらスープ 800ml

・中華乾麺 2束


●トッピング

・青ねぎ小口切り お好みで

・ごま お好みで

・白こしょう たっぷり


〈作り方〉

青ねぎは5㎝幅に切る。


②小鍋に、①の青ねぎと油を入れて、弱火にかけ、ねぎが焦げるまで炒める。


③ ②にしょうが、しょうゆ、オイスターソース、きび砂糖を入れて、よく混ぜる。


④鍋に湯を沸かして、中華麺を茹でる。その間に鶏がらスープも温めておく。


⑤どんぶり2つに③を分け、鶏がらスープを注ぎ、中華麺を加える。


⑥青ねぎの小口切り、ごま、白こしょうを振って完成!


上海に行ったのは、2016年。

4月生まれの僕は、誕生日前になにか新しいものが見たく、中国大陸に行ったことがなかったので、旅先に決めました。

はじめての中国では、レシピでも紹介した蘇州麺や焼き小籠包、肉まん、チャーハン、ふだんから日本でも食べている中華料理を食べる度に、答え合わせをしているようで楽しかったのを覚えています。


それでは、2016年の上海の旅を振り返ります。


(レシピと文・and recipe 山田英季)

 

ーsoupn.「旅と世界とスープ」あとがきー

6カ国の旅のおわりに


今回をもちまして、山田英季さんによる『旅と世界とスープ』の連載を終了いたします。

全6回、6箇所の国を巡り、そこで出会ったスープレシピをお送りしてきました。

最初に心を奪われたのは、山田さんの写真の魅力でした。寒い地域でも温かみのある光と影、風景と表情の捉え方。単にカメラの性能がいいだけではないのです。何かを感じさせ、考えさせられ、大喜利のようにこの写真はこんなメッセージがあるのではないか?と勝手に、自問自答した写真もありました。特にフランスとネパールの写真は、行ったことがない分憧れも同居して。

山田さんとの最初の打ち合わせでは、コロナで行動制限があり、海外への渡航もできない状況でした。お互い「日本を出たいですね...」「日本もいいですけど、やっぱり違う魅力がありますよね...」という会話を交わし、少しの“間”が。初対面でも、その“間”がとても心地よかったのです。せっせと世界を旅する者として、海外へ旅する思いは一緒だなとも感じました。

山田さん、本当にありがとうございました。心から感謝いたします。またいつか、どこかで。


そして、これからも旅は続きます。


世界にはさまざまなスープ文化がある。

soupn.を立ち上げたときの思いがこの連載にも込められています。


再開する日を楽しみにしていただけたら、うれしいです。


2022年12月師走 soupn.編集部


Instagram



<スープと旅写記で巡る世界旅行!>






閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page