高タンパクで体づくりに効果的!

あじのつみれ汁

夏に向けてそろそろ体を引き締めたい…!

そう思っている方も多いのでは?

今回は、体づくりのことならお任せあれ!

筋肉料理家の藤吉和男さんに、筋肉作りに欠かせないタンパク質豊富な

あじを使ったレシピを作っていただきました。

春から夏にかけて脂がのる旬のあじを

つみれ汁で味わいつつ、体づくりに励みましょう!

  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

<材料>(約4人分)

・あじの身(刺身) 300g

・にんじん 1/4本

・ごぼう 1/4本

・みょうが 1個~お好みで

・小ねぎ 1~2本

・昆布 約10㎝角

・酒 100ml

・みそ 大さじ4

・水 800ml

 

・【A】卵黄 1個

・【A】おろし生姜 小さじ2

・【A】みそ 大さじ1・1/3

・【A】片栗粉 大さじ1・1/3

・【A】山椒粉または黒こしょう 2~3振り

<下準備>

・にんじんは千切りに。

・ごぼうは斜めに薄く切り、水に晒しておく。

・みょうがはは千切りにする。

・小ねぎは斜め切りで約5mm幅に切っておく。

<作り方>

①あじの身を細く切り、包丁でトントンと叩いて刻む。

あじのつみれ汁037.jpg

ペーストにせず、粗めがベスト

②ボウルに入れ、【A】を加えて練る。

あじのつみれ汁047.jpg

③鍋に水と昆布を入れて火にかけ、煮立ったら酒を加える。

 

④つみれのタネを一口大に丸め、鍋に入れていく。

タネを全部入れたら昆布を取り出す。

あじのつみれ汁063.jpg

左手でタネを握り人差し指と親指の間から押し出し、スプーンで切り取って入れる

⑤ ④にごぼうとにんじんを加えて煮込み、熱が通ったら火を消し、みそを溶く。

お椀によそい、みょうがと小ねぎを散らして完成。

あじのつみれ汁089.jpg

☞ポイント

★④の際、スプーンですくって丸めてもOK。

\予告!/

★魚は鮮度が落ちると臭みが出るため、刺身を使うと

臭みが少なく、小骨や皮も取ってあるので扱いやすい。

自分でおろして作る場合は、三枚におろして皮を剥ぎ、

腹骨を切り、小骨を抜いてから使う。

次回は「あじのつみれ汁」をアレンジした、

体づくりやダイエットにもおすすめのレシピをご紹介します!

6月23日(水) の更新にご期待ください。

★具材にごぼうを使うとあじの臭み消し効果があり、旨味も増す。