9月17日はイタリア料理の日!

「メッシュア」

イタリア・トスカーナ地方のローカルスープ「メッシュア」を、

イタリア料理を幅広く提案し、料理家として活躍している渡辺康啓さんから伝授。

材料はシンプル、でも奥深い豆スープ。ぜひ作って、味わってみてください。

<材料>(約2人分)

・白いんげん豆 120g

・大麦 30g

・オリーブ油 適量

・塩 適量

<下準備>

・ひよこ豆と白いんげん豆は洗ってボウルに入れ、

 たっぷりの水をはって、一晩吸水させる。

\Check!/

・吸水後、茹でた豆を少しとっておくと、

 他のレシピに代用できます!

 詳細は、9/23(水)更新の アレンジレシピをチェック。

<作り方>

①一晩吸水させた豆をざるにあげて水を切り、

  鍋に入れて再びたっぷりかぶるほどの水を入れて火にかける。

  沸騰したらアクを取り除き、弱火で豆がすっかり柔らかくなるまで煮る(約1時間)。

白いんげん豆の腹が割れるくらいまで

茹でるのが、個人的には好み!

②煮えたら火を止め、豆の2/3量を別に取り分ける。残りの豆は茹で汁の中に残す。

 別鍋に水を入れ、大麦を入れて火にかける。

 沸騰したら弱火にして、大麦に火が通るまで茹でる(約20分)。

 食べてみてムチっとした食感になっていたら火を止め、ざるにあげる。

 半分量に分けておく。

③豆の鍋をバーミックスにかけ、豆を潰す

 (スープが重たすぎるようなら水を足して調整)。

取り分けておいた豆(2/3量)のさらに半分量を、

バーミックスにかけた豆の鍋に戻し、大麦の半分量も鍋に入れる。

☞ポイント

★豆の種類を混ぜることで、

 香りが合わさり美味しくなる。

 にんにくやハーブなど香りが強いものは

 入れないで、あくまでも豆の旨味と

 塩だけで作るのがおすすめ。

★③のバーミックスにかけた際、

 水分は少しずつ調整し、入れすぎないようにする。 ※バーミックス以外にミキサーでもOK。

 どちらも持っていない方は、豆がくたくたに

 なるまで煮込んでも美味しいです。

④火にかけて温まったら、塩で味を調える。

 できあがりのイメージはトロッ、モタッとした具合。

 器に盛り、オリーブ油を回しかけて完成。

★仕上げのオリーブ油は、

 香りのよいフレッシュなものをたっぷりと。

\予告!/

こちらのスープで使う豆を アレンジした、

とっておきレシピは 9/23(水)

ご紹介いたします。 次回もお楽しみに!