​trip.1
ロシア「ソリャンカ」

map_loshia.jpg

中世の料理本にも記録がある、ロシアンスープ

今月からあたらしい連載がスタートします。

その名も「旅と世界とスープ」。

世界にはさまざまなスープ文化があり、

その土地の歴史なども見え隠れするスープ料理も。

世界各国を旅してきた山田英季さんがつくるスープと、

その国にまつわる『旅写記』もお送りいたします。

まさに“旅する気分”で、お楽しみください。

1回目は、ロシアから。

近代からトマトベースになったと言われる「ソリャンカ」は

きゅうりのピクルスがアクセント、

酸味と塩味がきいた一皿です。

夏にピッタリなロシアンスープ「ソリャンカ」

20210614-_DSC7983.jpg

<材料>※約2人分(調理時間:25分)

・とりもも肉 1/2枚

・ベーコン 50g

・ピクルス 30g

・じゃがいも 1個

・玉ねぎ 1/2個

・エリンギ 1本

・ブラックオリーブ 5粒

・オリーブオイル 大さじ1/2

・黒こしょう 少々

・ディル 適量

・サワークリーム 適量

 

【A】

・トマトピューレ 大さじ5

・塩 小さじ1

・きび砂糖 小さじ1/3

・水 500ml

<下準備>

・とりもも肉を小さめの角切りにして、

分量外の塩(ひとつまみ)をまぶす。

・ベーコン、玉ねぎ、エリンギ、じゃがいもは、

粗みじん切りに。

・ピクルスは粗みじん切りにして、

水に浸け10分ほどおき、水気を切る。

・ブラックオリーブは、輪切りにする。

20210614-_DSC7901.jpg

<作り方>

①鍋にオリーブオイルをあたため、とりもも肉とベーコンを炒める。

20210614-_DSC7916.jpg
20210614-_DSC7918.jpg

②次に玉ねぎ、エリンギを加えて、油をなじませるように炒める。

③ ②に【A】を入れて、ひと煮立ちさせ、ふたをして弱火で5分煮込む。

20210614-_DSC7922.jpg
20210614-_DSC7937.jpg

④ ③にブラックオリーブ、ピクルス、じゃがいもを加えてさらに5分煮込む。

 

⑤うつわに盛りつけ、黒こしょう、サワークリーム、ディルを入れて、

オリーブオイル(分量外)をひと回ししたら、完成。

20210614-_DSC7972.jpg
20210614-_DSC7934.jpg

☞ポイント

★とりもも肉は塩をまぶすことで、臭みを取る。

★ディルはなるべくフレッシュなものを使うと、風味豊かに。

20210614-_DSC7913.jpg
20210614-_DSC7949.jpg
20210614-_DSC8065.jpg

山田英季の旅写記』

note.png

​タビシャキッ

2019年の6月、まとまった休みが4日ほどとれたので、はじめて

ロシアの地を踏んだ。

遠い国というイメージのロシアといっても、日本から飛行機に

のって2時間弱でつく「ウラジオストク」という町である。

最近では、観光本もいくつか出ているようだが、僕が行った

ときには、数冊しかなく情報は少なかった。

僕は、旅をするときにリサーチをたくさんする。

それは行き当たりばったりの旅を、より充実させるためだ。

調べるのは主に、地元の人が使いそうな市場、

生活雑貨店(目当ては調理器具)、文具店、

酒屋やスーパーなどである。

 

旅の最中で、次の予定までぶらぶら散歩をする。

そこで、ささっとグーグルマップを見て、「この近くには、

あのスーパーがあるから行ってみよう」と動けば、

散歩が楽しくなるし、調べていなかったお店や景色を見せて

くれることもある。

なおかつ、観光地と違うその土地の暮らしが垣間見れるのも、

とても楽しいことだ。

 

それでは、僕が旅したウラジオストクで気に入った景色を趣味

の写真で紹介します。

20190614-IMG_2844.jpg
20190614-L1000254.jpg
20190614-IMG_2862.jpg
20190614-IMG_2878.jpg

​到着。

ホテルのアメニティーのポケットティッシュがかわいすぎる。

世界の標識は色々違うのでとても楽しい。

tr2.png
tr1.png
camera.png
20190615-L1000696.jpg
20190614-L1000298.jpg
20190614-IMG_2914.jpg
20190614-IMG_2895.jpg

お店の外から、インテリアを眺めるだけでも旅はいいものだ。

ブリヌイというロシアのクレープを食す。
チョコバナナは、全世界共通なのか?

豚肉とじゃがいものソテーがおいしすぎて、

日本に戻ってきてからも何度も作ってます。

it’s my shopというロシアのセレクトショップの

服もアクセサリーもセンスよいですよ。

スーパーのバターコーナーが、充実しすぎて、バター好きの僕には天国でした。

tr3.png
tr5.png
20190614-L1000369.jpg

雨が降るウラジオストクの街並みは、とてもきれいです。