《今月のお店》ワイン酒場 ツキアカリ

  • Facebook
  • Instagram

フランスで料理を学んだシェフが作る、

素材を活かした、にんじんのポタージュ

東京都目黒区・不動前駅から徒歩約5分、山手通り沿い店を構える『ワイン酒場 ツキアカリ』。

店名にもある通り、ワインと季節感を感じる食材の組み合わせの妙を楽しめると評判だ。

オーナーシェフの山野さんはフランスの食文化に興味があり、その勉強をするため渡欧。

フランスをはじめヨーロッパ各国のレストランで働きながら料理を学んだ。

 

帰国後は都内のレストランやワインバーで研鑽を積み、

2012年に独立し不動前に念願の自分のお店をオープン。

埼玉県岩槻市出身ということと、不動前に明かりを灯すという願いを込めて店名を命名。

そんなお月さまのように、訪れたゲストを優しく包み込むようなお店の雰囲気と

シェフのあたたかさに惹かれ、常連が足繁く通う。

 

トイレに山野さんが訪れた国の紙幣を貼っていたところ、それを見たお客様が、

「お店に飾ってほしい」と続々と海外の紙幣を持ってきたそうだ。

(トイレ空間も楽しめるよう工夫が施されており、シェフ手作りのコルク人形は持ち帰りOK)。

 

その他にも、店内にはお客様がプレゼントしてくれたアイテムがところどころに飾られている。

お店を一緒に作り上げてくれるお客様のために山野さんは、

プロの奏者によるライブをお店で開催したり、

料理教室を開いて秘伝のレシピを教えたりもしているという。

そんな優しいシェフが作る料理は、もちろん愛情たっぷり。

フランス料理を学んできたとあって、スープへのこだわりも深い。

旬の食材を愉しんでほしいという想いから、提供するスープは季節によって変えている。

にんじん、枝豆、コーン、ゴボウ・・・。どれも素材の味が最大限に引き出され、

優しい甘さが絶妙だ。そんな山野さんのスープの虜になったお客様も多く、

自粛期間中「お店に行けなくてもあのスープが飲みたい!」というリクエストから、

テイクアウトで冷凍ポタージュストックの販売をスタート。

温めて飲んでもよし、自然解凍で冷製スープとして味わってもよしと、

使い勝手もよくリピーターも多いという。

そんな人気スープのレシピを、今回特別に教えていただいた。

スープをいただく際は、お好みで黒胡椒をパラリとかけると、

アクセントになっておいしいそうだ。ぜひ、レシピを参考におうちで作ってみてほしい。

★季節のポタージュ期間限定無料サービス★
8/8(土)〜9/8(火)までの期間、ディナータイムにイートインしてくださったお客様限定で、

季節のポタージュハーフサイズを一杯無料でご提供。ご来店の際、「soupn.(スープン.)」を見たとお伝えください。