​春、香る

白みそ入りいちご大福風お汁粉

まだまだ寒い日が続きますが、今月は春を先取りした白みそを使ったレシピをご紹介。

春を感じる桜と、いちごの風味でピンク色に仕上げ、

お餅を入れて白みそのお汁粉を作ってみませんか。

完成s.jpg

<材料>(約2人分)

・いちご 150g(目安:10~15個程)

・お餅 2個

・水 200ml

桜の花の塩漬け 6個

・【A】牛乳 100ml

・【A】白みそ 大さじ3

<下準備>

・お餅は半分に切る。

・いちごはヘタを取り飾り用に2個は半分に。

材料s.jpg

・桜の塩漬けは水につけて塩を洗い落とす。

桜の塩漬けs.jpg

<作り方>

①ボウルにいちごを入れ、フォークでしっかりと潰す。

いちご潰すs.jpg

​しっかり潰したほうが、鮮やかなピンク色になる。

鍋に水を入れ強火にかけ沸騰したら、お餅を加え弱火で3~4分煮て、スプーンなどで取り出す。

③キレイに洗った鍋に【A】を入れて混ぜ、潰したいちごを加え弱火で温めたら器に注ぎ②のお餅を盛り、仕上げに桜の花を飾って完成。

☞ポイント

★使用するいちごは色の濃さを重視するなら

「あまおう」がおすすめ。

単品s.jpg

★お汁粉は冷蔵庫で冷やしても、美味しくいただけます。

★白みそはフルーツとの相性がとても良いので、

​みそは白みそを使いましょう。

<今月のおすすめみそ&お餅>

今回セレクトしたおみそは、白みそ。やさしい白色と甘み、なめらかな食感が魅力です。

昔砂糖の代わりに使用されていた歴史があり、茶懐石にも使われていたそう。

そして、おすすめ食材はお汁粉になくてはならないお餅をご紹介。

せっかく作るなら、お餅にもこだわってみませんか。

この機会にぜひ、お試しください。

「西京白味噌」/京都府

(本田味噌本店)

西京白味噌500gs.jpg
500g/648円(税込)

本田味噌本店の創業は、江戸時代天保元年(1830年)。

妥協を許さぬ職人によって丁寧につくられた「西京白味噌」は、

上質な米麹を大豆の倍以上使用した23割麹。

米麹の上品な甘さと淡黄色の美しい色合いが特徴です

「貴客上切餅」/東京都

(穂寿庵)

貴客上切餅2018s.jpg
1袋(10枚入)/1,404円(税込)

2018年大田お土産100選・最優秀賞受賞。

特別栽培された宮城県産みやこがねとアルカリイオン水を使い、

蒸篭で蒸して杵つきのみで仕上げる、

素材と昔ながらの製法にこだわったお餅です。