​母の日に作ってあげたい

えび団子のカーネション風みそ汁

今回は、母の日にぴったりのみそ汁レシピをご紹介!

むきえびを団子にして、アスパラを添えることでカーネションに見立てました。

プレゼントと一緒に、手作りのおみそ汁で感謝の気持ちを伝えてみませんか。

完成㈪_s.jpg

<材料>(約2人分)

むきえび 120g

アスパラ 2本

・昆布だし 300ml

・みそ大さじ2

・【A】塩 少々

・【A】酒 小さじ1

・【A】おろししょうが 小さじ1/3

・【A】片栗粉 小さじ1

<下準備>

・アスパラは根元1cmを切り落とし、残りを4等分(約3cm幅)に切る。

穂先は色味を出すために、縦半分に切ってもOK。

・むきえびは背わたを取り流水でよく洗い、ペーパーで水気を拭き取り、

粘り気が出るまで包丁でたたいてペーストにする。

→えびの背わたの取り方は、こちらをご参考ください。

海老団子ペースト㈪_S.jpg

<作り方>

①ボウルにペーストにしたむきえびと【A】を入れ混ぜ、海老団子のタネをつくる。

②鍋にだしを入れ中火で加熱し、ひと煮立ちしたらスプーン2本を使い、えび団子を4個に分けて落とす。

海老団子スプーン_s.jpg

③アスパラを加え蓋をして弱火で3分煮たら、火を止めてみそを溶きお椀に盛り付けて完成。

☞ポイント

★むきえびは加熱すると、カーネーションのようなほんのりとした赤色に。

アスパラ外皮ピーラー_s.jpg

★アスパラは外皮をむくことで繊維質が取れて食べやすくなる。

★アスパラの代わりに、同じく春が旬のいんげんを使用してもOK。

​ピーラーを使うと、剥きやすい

★今回のように海老だけで作るプリプリ食感のお団子になるが、

半量をはんぺんにするとふわふわ食感に。

<今月のおすすめみそ>

えび団子のほんのりとした赤色を美しく見せるために、白みそをピックアップ。

白みそといえば京都のイメージが強いですが、今回は他県で造られている白みそをご紹介します。

塩気を感じられる中辛〜辛口で、京都の西京味噌とは異なる甘さが特徴

​みそ汁はもちろん、ドライフルーツと合わせスイーツにして食べるのもおすすめです!

「白味噌 (シロ)」/徳島県

(井上味噌醤油株式会社)

EC07_1567489885125_ii.jpeg
500g/1,512円

味噌の風味を醸し出すのに欠かせない米糀は、もろぶたという長年

受け継いできた木の道具を使い、約40時間をかけて手造りで育てたもの。

米糀が醸し出す甘味・旨味は、お子様や甘口味噌が苦手な方にも好評です。

ホワイトソースやお菓子などの隠し味にも◎。

「いいちみそ 白みそ」/神奈川県

(加藤兵太郎商店)

siro200_katou.jpeg
200g/226円

創業170余年。厳選した原料と箱根山系の美味しい地下水で仕込み、木桶で熟成。

人気No,1の「白みそ」は、さっぱりとくせが無く、食べやすいのが特徴で、

普段使いに最適です。コロンと可愛いサイズなので、お試し用にはもちろん、

他のみそと詰め合わせて贈り物としてもおすすめ。