hey_mama.jpg

2020年11月、アメリカで4年に一度の大統領選挙が開かれた。

現職で共和党のドナルド・トランプか。民主党のジョー・バイデンか。

今回の選挙では主にその2択が迫られたわけだが、

なかにはそれと異なる選択肢をとった有権者も、じつは少なからず存在する。

とりわけその言動でまたしても注目を集めたのが、カニエ・ウェストだ。

 

本人のツイートによれば、彼が今回の選挙で一票を投じたのは、カニエ・ウェスト。

つまり、カニエは投票用紙に自分の名前を記入したんだそうだ。

 

カニエは今年7月に出馬を表明。

結果的には12州での立候補にとどまったが、それでも今回の選挙でカニエ・ウェストに投票した有権者は約6万人いるという。

ちなみに、カニエは4年後の出馬もすでに示唆。冗談であってほしいが、本人は多分それなりに本気だろう。

 

ともあれ、カニエの発言をいちいち真に受けてはいけない。

この人の妄言はなにも今に始まったことではないし、

そもそもタイトルと発売日まで公表していたニュー・アルバムすら、いまだ暗礁に乗り上げているのだから。

すでに完成済みだというカニエの新作は『Donda』。

母親のドンダ・ウェストに由来するタイトルからして、どうやら今回のアルバムは亡き母に捧げる作品のようだ。

ちなみにカニエが母親について歌うのは、これが初めてのことではない。

なかでもよく知られているのが、

2005年リリースの2ndアルバム『レイト・レジストレーション』に収録されている「ヘイ・ママ」だ。

 

「ヘイ・ママ」は、とびきりピースフルなバラッド。

ドナル・リースによるゴスペル・ソウル「Today Won't Come Again」からサンプリングした陽気なコーラスに乗せて、

カニエは自分の生き方が母の望みに反していることを詫び、

それでも息子を献身的にサポートしてくれる彼女に感謝しながら、

彼女と共に歩んできた過去を振り返っていく。

なかでも印象的なのが、あるスープにまつわるエピソードだ。

 

カニエがまだ3歳だった頃。

12月下旬の厳しい寒さで風邪をひいてしまった彼に、ドンダは自家製のチキンスープを用意してくれたという。

風邪をひいたらチキンスープ。アメリカの家庭では昔からそれが定番で、カニエは母特製のチキンスープが大好物だった。

そんなお袋の味を回想し、母に「おかわりしてもいい?(can I have another bowl?)」とねだるカニエ。

茶目っ気たっぷりのラップから浮かび上がってくるのは、ただ母を想う心優しい青年の姿だ。

 

<僕のことを誇りに思ってほしい>。

カニエは「ヘイ・ママ」で何度もそう繰り返す。

天才の名をほしいままにしながら、近年はその言動からして明らかに混乱をきたしているカニエ。

ドンダの急逝から13年が経った今、カニエは『Donda』という作品で何を語るのだろう。

(文・渡辺裕也)

humming_yokoku_1125-2.jpg