《今月のお店》3米3(サンマイサン)

_W9A4350s.jpg
_W9A4279s.jpg
osanpo_pages2.jpg
  • Instagram

お粥をはじめとした香港のローカルフードを可愛い店内で

_W9A4289s.jpg
_W9A4323s.jpg

JR荻窪駅北口から徒歩5分ほど、

青梅街道沿いにお店を構える「3米3」。

香港のお粥や点心、デザートなど種類豊富な手作り料理を提供している。

2016年香港から日本へ来た朱さん(3米3オーナー)。

日本で友達をつくるため、香港のローカルフードの

作り方を教える料理教室を開いたのだそう。

そこで生徒さんたちから人気だったのが「香港のお粥」。

ただ、香港の食材を使わなければならないので、

現地の味を日本の家庭で再現するのは

難しいと感じたという。

「それならば、香港のローカルフードを提供する店を

オープンして、みんなにお粥や点心などの美味しさを

知ってもらおうと思ったんです」と、朱さん。

そんな想いから、ご主人と一緒にお店を荻窪に

オープンさせたのが2017年5月14日の母の日。

当時荻窪にはお粥専門店がなく、それも理由でオープンに至ったという。

お粥の種類は常時9種類。中には旬の食材を使った季節限定のメニューも提供している。

「一番人気は『豚肉とダブル卵のお粥』です。

塩漬けアヒル卵とピータンが入っていて、ビタミンAやビタミンEも豊富。

栄養たっぷりなのでぜひ食べてみてください!」

ピータンが苦手な方でも食べやすいように、味付けにもこだわっているという。

さらに、春巻きの皮やねぎなどもトッピングされ、

お粥との食感のハーモニーも楽しめる。

_W9A4260s.jpg

そしてこだわりは食器にも。

青と白の色合いが香港のお皿に似ていることから、

朱さんの好きなポーランドの食器を使用。

これがなんとも可愛く、乙女心をくすぐるのだ

(SNS映えもバッチリなので、

ぜひ写真を撮ってポストしてほしい)。

「点心やデザートもさまざまな種類をご用意しているので、そちらも一緒に味わってみてください。

まだ香港料理を知らない方に、

日本のお粥とは違う味わいや点心などの美味しさを

知ってもらえたら嬉しいですね」と、

朱さんは笑顔で語ってくれた。

テイクアウトもできるので、なかなかお店に

足を運べない方はそちらでのオーダーも可能。

疲れた時は香港らしい滋養のあるやさしい味わいの

お粥を食べて、胃腸を整えてみては。

_W9A4352s.jpg
_W9A4267s.jpg
_W9A4271s.jpg

★soupn.(スープン.)読者の特典情報★

《7/7(水)〜8/7(土)限定!》

期間中700円以上(税込)ご飲食の方に、合計金額から100円引!

ご注文の際に必ず「soupn.(スープン.)ウェブサイトを見た」とお伝えください。

​※イートイン、テイクアウトどちらでも割引いたします。

Main menu

※全て税込価格です。

●豚肉とダブル卵 Sサイズ 820円/Mサイズ 880円

香港で定番のお粥。

豚肉とピータン、塩漬けアヒル卵をトッピング。

_W9A4331s.jpg

●山の幸 Sサイズ 920円/Mサイズ 980円

7種類以上の野菜を使った、

栄養がしっかりとれる体が喜ぶお粥。

_W9A4325s.jpg

\おすすめメニュー/

※全て税込価格です。

●海老とニラの蒸し餃子 380円/2個 

もっちりとした皮の中に、プリプリの海老とニラがたっぷり。

_W9A4347s.jpg

●サクサク揚げパン 220円 

お粥のお供といえばコレ!浸して食べるのが香港流。

_W9A4336s.jpg

●一口エッグタルト 320 円/3個

一度食べたら止まらない、サクサク食感のあま〜いデザートを食後に。

_W9A4333s.jpg