キノ・イグルー 有坂さんによる
「シェフ
三ツ星フードトラック始めました
​紹介ページは

bouken_pages_top.jpg

一杯のスープに、冒険心を詰め込んで
パーシーのアヒアコ

P8350044.JPG

<材料>(約4人分)

・【A】鶏胸肉 1/2枚

・【A】長ねぎ 1本

・【A】パクチー 15g

・【A】にんにく 2かけ

・【A】塩 小さじ1

・【A】水 1リットル

 

・じゃがいも 2個

・とうもろこし 1/2本

<下準備>

・鶏胸肉は重さの1%の塩をふり、

15分室温におく(例:200gの場合、2gの塩)。

・長ねぎは1cmほどの長さに切る。

・パクチー、にんにくはみじん切り。

・じゃがいもは皮をむき、ざく切りにする。

・とうもろこしは4等分に切る。

・アボカドは4等分に切る。

仕上げ

・アボカド 1個

・サワークリーム 80g

・ケッパー お好みで

・パクチー お好みで

・パプリカパウダー 少々

<作り方>

鍋に【A】を入れて中火にかける。沸騰したら火を止めて、蓋をして15分置く。​

②鶏胸肉を取り出して、じゃがいもを加え中火で15分煮込む。

③ ②にとうもろこしを入れて、5分茹でる。

P8350070 2.JPG

④とうもろこしを取り出し、煮込んだものをハンドブレンダーでポタージュにする。

⑤ ②の鶏胸肉を手で食べやすい大きさにさく。

⑥ポタージュをうつわに盛って、その上に鶏胸肉、

とうもろこし、アボカドをのせ、

お好みでサワークリームとケッパー、パクチーをのせて、

最後にパプリカパウダーをかけてでき上がり!

☞ポイント

★鶏胸肉に下味をつけておくことで、スープに旨味が出る。

P8350010.JPG

\ Staff Voice /

この映画は当時映画館で観て、

最初は主人公の気性の荒さにいらいら…

でもだんだん変わっていく様が人間らしくて、

最後はホロっとさせられるストーリーで、

感情のアップダウンがある一本だなと思います。

さて、有坂さんの“実際にあり得る妄想”は

読んでいて最高に楽しく、さわのさんと話す中で

「キューバサンドも添えます?」「あー、ほしいです!」

みたいな会話がまるで“映画を作り上げていく”

気分になり、その日1日がとても充実感に満たされました。

さわのさん曰く、今までのレシピで一番美味しいものができたというから、

食べたくて、鎌倉に行きたくて、夏。といったところです!

★パクチーの根っこは捨てずに使うと香りも豊かになり、より美味しく仕上がる。

ちなみに、スカーレット・ヨハンソンに憧れる私は

(ビヨンセの次に好きな女性)、

この映画では脇役ながら彼女が出てくるたびに

ドキドキさせられた記憶も綴っておきます…。

大好きな映画の一つ
『シェフ 三つ星フードトラック始めました』

この映画を家で観て、終わった数秒後にはキッチンに立ってキューバサンドを作りはじめたのも、

暑い、暑い夏の日だったように思います。

父親と息子が過ごす夏休み、絆をぐっと深めていく

心温まるストーリーは、同時にお腹もぐーっとなるんですよね。

 

今回の有坂さんの『もしも〜』シリーズですが、

シェフの息子パーシーもフードトラックを始めるという設定です。

クラウドファンディングで集めた資金でキッチンカーを購入して、いざ出発!

さて、そのフードトラックの勝負の一品は?

 

『アヒアコ』です!!

アヒアコはコロンビアの伝統料理で、

鶏肉とじゃがいもを使ったポタージュ系のスープ。

南米にアヒアコと呼ばれるスープはたくさんありますが、

今回はそのコロンビアのスープをベースにアレンジしました。

パクチーとにんにくをたっぷり使ったじゃがいものスープは、

想像以上の美味しさが詰まっています。

濃厚なスープのポイントとなるのが、“酸味”です。

今回はケッパーとサワークリームを使っていますが、

辛いのが得意な人はハラペーニョのピクルスや

タバスコをかけて食べるのも美味しいと思います。

このsoupn.の連載に携わって1年ちょっとですが、

今までで一番美味しいスープができ上がったと自負しております!

この、有坂さんが始めた『もしも〜』シリーズ、楽しいではありませんか!

次回も楽しみにしております!!

(文・さわのめぐみ)