新連載【漫画「くぼ、スープ」】思い出の居酒屋の味、しげちゃんの「豚足スープ」

更新日:7月7日



今月より新しい連載がスタート!

レシピを考案していただくのは“漫画家”のくぼたまことさん。

自身の作品内でも料理のプチコーナーを設けるほど料理好きなくぼたさんによる、簡単で美味しいレシピと、それに関する書き下ろしエッセイもご紹介いたします♪



今回はくぼたさんが20代の頃によく行っていたという居酒屋の人気メニューを再現していただきました!

豚足はちょっと珍しい食材かもしれませんが、意識すると意外とスーパーに並んでいるのを発見することができます。難しい調理工程もないので、ご飯のプラス一品に、酒のアテにおすすめですよ!


<材料> (約2人分)
・豚足 1
 パウチに入っている加熱処理済みのもの
・水 1000ml
 鍋の大きさにより要調整
・塩 6g
・ニンニク 4片
・ネギ 少々

<おすすめのちょい足し調味料>
・すりごま
・おろししょうが
・みょうが
・みりん

<下準備>

・豚足が切れていなければ2つに切る。

 ※加熱済みの豚足なので下処理は不要です!

・ニンニクは1片だけすりおろしておく。


<作り方>

① 圧力鍋に水、豚足、塩、ニンニク3片を圧力鍋に入れ、加圧がかかってから中火で1時間煮込む。

水を入れた際に豚足に被るほど水かさがなければ、茹でた時に豚足が踊れる程度に水を足すか、豚足をもう半分に切る。

茹でている最中に豚足が踊らず沈んだままになってしまうと、

鍋に焦げがついてしまうので注意!



② 煮上がったら味見をし、塩味が足りなければ塩、濃かったら水を入れ味を整える。

圧力のかかり具合、火加減の微妙な違いで水の蒸発具合が異なってくるので、ここでお好みの味に調整する。



③ おろしニンニク1片分、ネギ少々を薬味として加えて完成!

写真はすりごまをプラス!その日の気分により、お好みで<おすすめのちょい足し調味料>をプラスしてください♪



第一話

いつも心に!居酒屋しげちゃん

改めまして、

漫画家のくぼたまことです。

ちょっとだけ自己紹介させていただきます。


僕の代表作はアニメ化もされたギャグ漫画の「天体戦士サンレッド」です。

サンレッドのコミックスでは僕が下積み時代に作っていた料理を再現した「ヴァンプのさっと一品」というコーナーがあるのですが、意外と評判がよくメディアにも何度か紹介していただいたり、アニメでも実写で採用されました。

それらをみた編集さんに依頼をいただき、この度の連載となりました。これからよろしくお願いいたします。


で、豚足のスープの話に戻しますと。

担当さんには分量を書いてくれと頼まれたのですが、普段僕は目分量で作り最後に味の帳尻合わせをするタイプなんですよ。

この料理は材料も調理法もシンプルで要は「いかに焦がさずに豚足をトロトロに煮ていい塩加減にするか」です。

なので、あまり僕の分量に惑わされず?ノビノビ作っていただければと思ってます。豚足の煮込み料理って醤油味が多いので、これを初めて食べた時僕は軽くカルチャーショック受けました。


因みに居酒屋では注文するとラーメン丼に豚足一本分と並々注がれたスープが入って出てきました。酒のアテですが正直コレ一杯でかなりお腹が満たされてしまいます。水物のビールなんかそうそう入りません。

かといってゆっくり食べれば、冷めてコラーゲンが固まってベタベタになりますし口はニンニク臭くなるし、厄介な食べ物です。


でも…、ふと食べたくなるんですよねぇ。日本酒・焼酎なんかと一緒にね。

そして食べるといつも思うことがあるんですよ。


店主、元気にしてるかなぁ…。

ってね。

(文・くぼた まこと)


私、くぼたさんの代表作『天体戦士サンレッド』が大好きでして。実は好きすぎて神奈川県・溝の口まで聖地巡礼に行ったことがあります…!今回の連載で一緒にお仕事ができること、うれしく思います…!(とっても面白い漫画なのでまだ未読の方はぜひ!) くぼたさんのコラムでも触れている「ヴァンプ将軍のさっと一品」というコーナーは、ヴァンプ将軍の割烹着姿が拝める良いコーナーです(笑) さて、今回はくぼたさんの思い出の味、「豚足スープ」。 レシピをいただいてから私もスーパーに走り、買ってきました豚足!加熱処理済みのものを使うことで下処理も不要なのは便利ですね! 圧力鍋がない我が家では炊飯器で2回ほど炊飯し作りました!トロトロの豚足に油がたっぷり浮いていて、お酒がどんどんススム!個人的おすすめのちょい足し調味料は「みりん」&「しょうが」です。ちょっと甘みも足されるのでお酒を飲まない方でも美味しくいただけると思います!

(soupn.スタッフ kon.)





Twitter

閲覧数:2,141回0件のコメント