世界で出会ったスープ-スリランカ1-

先日、TV番組でスリランカの特集をしていて、懐かしさがこみ上げたので、

ひさびさに…旅で出会ったスープを紹介します。


2015年3月にスリランカへひとり旅しました。

スリランカなんて、人生で行く機会はないだろうと思っていましたが、

友人から「インドを旅したいなら、スリランカで免疫つけるといいよ〜」と

アドバイスをもらい、思いきって行くことに。

あとは、本場でアーユルヴェーダをしてみたい!という気持ちも叶えるために。


首都・コロンボへ着いたのは夜22時くらい。

翌朝、世界遺産「シーギリヤ」へ行くためさっそく行動に。

その前に、腹ごしらえの朝食を。

メニューを見ると、やはり「スープ」はある。しかも4種類も。


チキンスープを頼んだら、いわゆるナンとチャバタのようなものが付いてきました。

スリランカこそ、スパイスの地として知られているので、どの料理にもスパイスがたっぷり。私は全然苦ではなく、からだを巡るスパイスに毎日元気をもらいました。

ボトルの「EGB」はジンジャーエール。ここではポピュラーみたいで、どこにでもありました(6年前、、撮り方が下手ですね、、)


シーギリヤは、天空のような地にお城の跡地。てっぺんまで登り、この景色を見て王は何を思ったのだろうか…と考えながら、淀みのない空気を吸いました。来た甲斐があった。

(超簡略で説明すると、シーギリヤは、実弟がいぬ間に王に君臨した兄が、弟からの攻撃を防ぐために建てられた。さすがにここまでは来れないだろうという思惑が)


帰り道に食べた、もう二度と行けないであろうローカル人だけのお店へ。

ここのカレーがスパイシーで辛くって、疲れたからだにしみわたる。この旅で1位・2位を競うほどおいしかったけれど、写真がぶれていた(バカ、わたし)


次の日は、首都・コロンボのまち巡り。

ホテルの近くで出会ったまろやかなイエローカレーに心奪われました。

ポタージュっぽさもあり、日本人の口にも合う味わい(やっぱり、撮り方よ、、)

食堂みたいなところで、おばちゃん一人が切り盛りしている感じで、

物珍しいそうにわたしをちらちらと見てきた記憶が。何度か目が合い、ほほえみました。

ひとり旅だと、こういうアイコンタクトがすごく安心感をおぼえる。


って、これ1回じゃ書ききれない…ので、また3週間後に続きを。


次回は、このまちは好き!となったKANDY(キャンディ)について綴ります。


え、大仏!?しかも白い。ふふーん、それではお楽しみに!



soupn.スタッフ umico

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示