top of page

【冒険、スープ】満月のスープ。

【 もし『狼男アメリカン』(1981) のリメイクを

ティム・バートンが撮ったなら?!という妄想コラム】



soupn.(スープン)読者のみなさんに『狼男アメリカン』(1981) がご紹介できること、

とてもうれしく思います。


本作は、僕が20年以上前から偏愛し、何度も心を揺さぶられているホラー・コメディ。

あの『ブルース・ブラザーズ』を作ったジョン・ランディス監督の隠れた傑作でもあります。


とかくポスターの印象などから、ハードホラーを連想されがちですが、

じつはコメディ要素が強くて、音楽もカッコいい。

さらにポップカルチャー史に残る"ある"逸話も持ち合わせた特別な一作なのです。


もっともっと多くの人に観てほしい!



ということで、今回はそのハードルを下げる意味でも、

巨匠ティム・バートン監督にご登場を願い、

ホラーが苦手な人でも楽しめるポップな『狼男アメリカン』のリメイク版を 作っていただきたいと思います(妄想で)


ティム・バートンらしく、キモかわいいオオカミオトコアメリカンとは?


*********

◆架空の続編

『ティム・バートンの狼男アメリカン』

監督:ティム・バートン

音楽:ダニー・エルフマン

〈物語〉

アメリカ人バックパッカーのデヴィッドとジャック。

ふたりは自由な旅を楽しむため、3月の休暇でヨーロッパへ旅立った。

最初に訪れたイギリスの郊外でパブに立ち寄ったふたりは、

地元の人々に奇妙な警告を受ける。


「真直ぐに道を行け」「荒地は危険だ」「月に注意しろ」と。


釈然としないままパブを出た二人は夜の闇の中を歩き始めた。

気が着けば荒地に迷い込み、夜空には満月が。

そして不気味な遠吠えが聞こえ、獣が二人の跡をつけ始めていた…

*********

先ほど書いたポップカルチャー史に残る"ある"逸話とは、

『狼男アメリカン』という作品が、

実はマイケル・ジャクソン「スリラー」のミュージックビデオの元ネタになっている

というお話です。


この作品のハイライトと言っていい狼男への変身シーンに

強烈なインスピレーションを受けたマイケルは、

ジョン・ランディス監督、バート・ペインター(撮影監督)、

エルマー・バーンスタイン(音楽)、リック・ベイカー(特殊メイク)

というスタッフを再結集させ、「スリラー」のMVを制作。

結果、MVとしては異例の14分にも及ぶホラー映画風の作品を作ってしまったのです。


今回ティム・バートンは、そんなオリジナル版に敬意を表し、

実写ではなく、ストップモーションアニメによるリメイク版を構想。


リック・ベイカー(特殊メイク)に負けない才能として、

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』でもコンビを組んだ名手ヘンリー・セリックを

招聘したのです。


ポップでキッチュでキモかわいい『ティム・バートンの狼男アメリカン』。


今後、ハロウィンシーズンの定番映画となるのでしょうか。



*********



という僕自身の願望が120%こもった、今回の妄想コラム。


さわのさんには、オリジナル版には登場しない

「満月のスープ」を考案していただきたいと思います。

主人公2人が立ち寄ったイギリス郊外のパブで提供される秘密のメニュー。

今回も楽しみにしています!

文・Kino Iglu 有坂 塁

次回は、10/26(木)に妄想コラムからの妄想レシピを公開いたします!お楽しみに♪





<こだわりの映画コラムをもっと読みたい方へ!>








最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page